カテゴリー「GUN」の44件の記事

2019/06/12

APS-3 TBSP002

Tbsp002-00a

■以前APS-3 TBSP001(←クリック)に続いて、APS-3用木製グリップのTBアナトミカルグリップ(←クリック)&木製削り出しのトリガーガード(←クリック)をご紹介しましたが、このグリップを付ける本体が無いのでTBSP002を作ろうかなぁ・・・と書いておりましたね;;w

それでこのTBアナトリカルグリップにはどんな本体が合うかなぁと思案していたのですが・・・やはり実銃エアーピストルのSTEYR LP-10などのオールシルバーの物が一番良い感じかも?と思って、今回のTBSP002を作る事にしました~♪

とはいえ、前回のTBSP001でも最大の加工点はグリップでして・・・そのグリップはご紹介済みのTBアナトリカルグリップなので、本体の塗装以外は前回とほぼ変りませんでした;;w

●まずTBアナトミカルグリップは前にご紹介した時よりも滑り止め加工をガッツリやり直しました!w

Tbsp002-01

Tbsp002-02

●そしてオールシルバーにする為にほぼ全分解して、かなり暗めのシルバーで塗装をしました~♪

Tbsp002-03

●あとは組み立てて、TBロゴマークなどを貼り付ければ完成です!! はやっw

▼まずは全体完成画像からー♪ 

Tbsp002-04

Tbsp002-05

Tbsp002-06

Tbsp002-07

▼今回はダットサイトメイン機でいこうと思います~♪

Tbsp002-08

▼各所TBロゴマークを付けた部分です! ますは前面のシリンダー部分からw

Tbsp002-09

▼そしてシリンダー横のTBマークと、前回と同じフロンティアさんのオリジナルマウントベースに「APS-3 TBSP002」「TSUKASA BULLET CUSTOM」の文字!

Tbsp002-10

Tbsp002-11

▼上面ロゴマークとコンプレストレバー下面のロゴマークw 今回もマガジンには残弾インジケーターw 画像では見難いですがマガジンフォロワー(黒のまま)に赤い目印が入れてあります♪

Tbsp002-12

Tbsp002-13

TBSP002はダットサイトメインではありますが、きちんと前後サイトもカスタムしてありますよ~!

▼リアサイトは真ん中に白ラインを入れてブレードに透明オレンジ板を付けてあります♪

Tbsp002-14

▼フロントサイトはグリーンファイバーですが、前回の物とは形式が違います~ あっ!TBSP001完成画像ギャラリー(←クリック)でフロントサイトの集光ファイバーを板状に変更したと書きましたが、結局元の棒状ファイバーに戻しました;w(僕的にはその方が狙いやすかったです;w)

Tbsp002-15

●内部もTBSP001と同じ、蔵前工房舎さんのステンレス製ストライカーとシアーA&B、ストライカー潤滑ベアリングを仕込んであります。

●銃口カバーは本革製です。 本体に合わせてシンプルな物を選んでみました~♪

Tbsp002-18 

●そして今回のTBSP002のガンケースはこんな感じにしてみました!! コチラもシンプルw

Tbsp002-16

●今回もTBSP002で撃ってみました! 前回と同じで距離は約5mで太枠丸が22mmのフロンティアさんのターゲットペーパーですが、今回は一枚に10発撃っておりますw(BB弾も前回と同じBATON 0.28gバイオ弾です。) 性能は・・・まぁTBSP001とほぼ変わりませんね;;w

Tbsp002-17

●撃った感触ですがTBSP001と比べて、トリガーフィーリングなども内部カスタムパーツ構成が同じなのでほとんど変りません;w 大きく違うのはグリップの握り心地で、TBSP001が手にぴったりジャストフィットな感じで、TBSP002のアナトミカルグリップはそれよりは少し大きめで軽い感じがします。 滑り止め効果はTBSP001のツルピカグリップの方が密着して張り付いている感じですね~♪

今回のTBSP002TBSP001と比べると尖った感じはありませんが、なんだか実競技エアーピストルっぽい渋い感じでコレはコレで僕的に好きですね~♪ ちなみに今回もパンチング板は作ってありますが、全体に渋い感じに仕上げているので付けていません;w その内、気分が変ったら付けて見ることにしますねw

Tbsp002-19

★最後にTBSP001TBSP002を並べてみました♪ シルバーの方がディテールが分かりやすいので、どことなく豪華に見える気も??w

Tbsp002-20

| | コメント (0)

2019/05/12

APS-3 TBSP001用 シューティンググラス

Oak-aps01b

■エアガンで射撃をする際には本来、必ず目の保護の為にシューティンググラスをかけなくてはいけません。 しかし僕は完全に家の中だけでターゲットボックス内の的撃ちだけですので、普段は横着してそのまま撃っておりました;;;(ホントはダメよ;w) しかしAPS-3の射撃練習の時は競技を意識して、一応シューティンググラスを着けるようにしていますw 主にかけているのはOAKLEY RACING JACKETカーボン柄+VR50調光RUBYレンズ(←クリック)か、同じくカーボン柄のFLAK JACKET+TITANIUM CLEARレンズのモノをかけていますね♪ ほとんどRACING JACKETの方なんですが・・・(たま~に日本限定のポリッシュドフレーム+チタニウムクリアのJULIET(←クリック)もかけたりしますが重くて意識がそっちに行って集中が途切れる時があるので;;;) ・・・しかしなんかもうRACING JACKET、JAWBONE、SPLIT JACKETと同じようなシリーズのモデルを一体何個持っているのか・・・・;;;w とにかく毎年花粉症の時期はほとんどコレを着けて外出するので手放せないサングラスなんですよ~;;;w

★そんで、余っているフレームのみのJAWBONEがあったので、TBSP001(←クリック)のグリップと同じ塗装をして、専用シューティンググラスを作ろうかな~とか思って、早速やってみたわけなんです!w

▼結果こんな風に仕上がりましたがどうでしょう?? 自分的にはなかなかカッコイイ感じに仕上がったかな?とw カーボン柄と大差ないとか言わないのっ!w 肉眼で見るとカーボン柄よりはシルバー寄りな感じですかね?;w (ちなみにサングラスの撮影台座は先日のTBアナトミカルグリップ(←クリック)トリガーガード(←クリック)部分に載せて撮影していますw)

Oak-ra01a

▼アイコンとスルーボルトはTBSP001でも随所に配色しているゴールドにしました! これがアクセントになって僕的に好きですね~♪ ジョウ部分はガンメタルです♪

Oak-ra03a

▲スプレーの粒子でザラザラに見えますが、上からウレタンコートを吹いてあるので実際にはツルピカですよ~♪

イヤーソックはブラックでっす!

Oak-ra04a

▼レンズは僕の超~お気に入りの限定JAWBONEに付いていた、VR50調光RUBYレンズです!! これは強いRUBYミラーコートがかかっているのに透過率50%ほどでTITANIUM CLEARとほとんど変らない明るさのレンズなんです♪ 調光レンズなので明るい外で紫外線が当ると暗くなります!!!(ゲットするのにめちゃめちゃ苦労した記憶が・・・;;;w)

Oak-ra02b

▼OAKLEY純正の調光レンズには↓のようなマークが付いています♪

Oak-ra02c

●そして塗料がもったいないのと、OAKLEY純正のTITANIUM CLEARレンズを持っているGASCANもTBSP001のグリップ調に塗装をしましたw

Oak-ga01a

Oak-ga01b

▲おなじみのOAKLEY純正「TITANIUM」レーザー刻印♪

▼このGASCANのみTBロゴマークを付けてみましたよ~!!

Oak-ga02a

▼これもアイコンはゴールドです♪

Oak-ga03a

Oak-ga04a

●そんでもって更にコレも純正TITANIUM CLEARレンズを持っているFLAK JACKETにはガンメタルとシルバーの間くらいの渋いシルバーカラーに塗装してみました!! コレはコレでシンプルで好きですね~♪

Oak-fl01a

Oak-fl01b

▲XLJレンズです~♪

Oak-fl02a

▼アイコンはブラックメタル。 イヤーソックなどのラバー部分はブラックです~!

Oak-fl03a

Oak-fl04a

●コレらをその時の気分で着け替えようと思っています♪ レンズをもっと暗いモノに換えれば普段使いの外出用にも使えるしね~w

Oak-aps00

| | コメント (0)

2019/05/09

APS-3 TBアナトミカルグリップ用 トリガーガード

■前回のTBアナトミカルグリップ(←クリック)の最後に予告しましたが、今回はウォルナット角材から削り出した自作のトリガーガードです~!! TBSP001(←クリック)の時は超簡単に作ったのですが・・・・いやぁ~しかしホントにウォルナットは堅いですね~;;w ある意味アルミよりも堅いかも?です;;(でもスネークウッドとかはもっと堅かったような・・・?)

▼前回の続きで、苦労してゴリゴリ削り続けて大体の形が出来てきましたね?w

Aps3-wtg01

▼下面の半円状に丸い部分はアナトミカルグリップ側が丸いのでそれに合わせて削ってありますw

Aps3-wtg02

▼本体側の半円状の削りこみ。 ↑のはコレに合わせて削ってます・・・めんどくさかった;;w

Aps3-wtg03

▼そこから慎重に削っていってなんとか外形を削り終えました♪

Aps3-wtg04

Aps3-wtg05

Aps3-wtg06

▼あとは中番くらいの布ヤスリをかけた後、アナトミカルグリップ本体と同じ色調に染めて完成です♪

Aps3-wtg07 

Aps3-wtg08

Aps3-wtg09

▼そして完成したトリガーガードをアナトミカルグリップに取り付けまーす!!

Aps3-wtg10

Aps3-wtg11

▼テストにTBSP001に取り付けてみました!! ガタツキも一切無くカッチリ付いてますよ~♪

Aps3-wtg12

Aps3-wtg13

Aps3-wtg14

▲下から見るとレバー操作に干渉しない事が分かりますね♪

●最後にアナトミカルグリップを銃本体に取り付ける際に奥まった位置にドライバーを突っ込んでネジを締め付けるのがなんだかやりづらいので、エボニーの丸棒にΦ4.5の穴を開けた木製スペーサーを作って、長いボルトでネジ止めができるように加工しましたー!!w

Aps3-wge08

Aps3-wge09

●これでTBアナトミカルグリップもトリガーガードも完成しましたが・・・このグリップを着ける銃本体が欲しいなぁ・・・・;;w はてさていつの日か、このグリップを着けたAPS-3 TBSP002の記事をお見せできる日は来るのか・・・・な???w

★さて次回はもう銃自体とは関係ないんだけど、実はトイガン射撃に必須なアイテムについてです! コレをTBSP001用にカスタムしたのでご紹介しますね~♪ おっ楽しみに~!!

| | コメント (0)

2019/05/05

APS-3用 TBアナトミカルグリップ

Aps3-wge00b

■先日のAPS-3 TBSP001(←クリック)の記事の中で書いていた、APS-3用の木製アナトミカルグリップをゲットできました~♪

Aps3-wg00

んで、やっぱ握ると痛い箇所や違和感がある部分が多々あったので・・・・ヘタをすると中古のAPS-3本体が買えてしまいそうなお値段のこのグリップを届いたその日にゴリっゴリに木工ヤスリで削りまくってしまいました~~;;;w

Aps3-wg01

▲まずはココ! 純正ではココはストレートなデザインなんだけど、僕にとっては親指の付け根辺りの骨が当ってかなり痛い;;; なので、まずこの部分に骨がすっぽり収まるように削りました~♪

▼角という角を丸めたり、いろいろと気になる部分を削りまくって荒削り完了~!w

Aps3-wg03

Aps3-wg02

▼そこから更に気になる部分を調整しつつ、荒い番手~中番手まで、布ヤスリで徹底的に削った結果がこんな感じw

Aps3-wg04

Aps3-wg05

Aps3-wg06

Aps3-wg07

▲無加工の状態では痛かったり、窮屈だったり、違和感があったのを納得いくまでじっくりと削り込む事によって、ふんわりと包み込むように・・・例えるなら人と軽く握手したような感触になりました~♪

●削った後は僕の好みの色&風合いに仕上げます♪ あと前回と同じようにグリップ本体とパームレストそれぞれにTBロゴマークを付けて完成です!!

Aps3-wge01a

Aps3-wge02a

Aps3-wge03a

Aps3-wge04a

▲中々に良い感じに仕上がったのではないでしょうか?w

しかしです・・・・・困った事にTBSP001にはやはりあのグリップがベストマッチなので、このグリップを着ける本体が無い;;;;; う~~~ん・・・・やっぱりTBSP002を作ろうかなぁ・・・???;w

●テストでTBSP001に付けて撃ってみると・・・パームレストの手(この部分はなんて言うのかな?手刀??小指球??)に当る部分が真っ平らで、痛くはないんだけどダルく疲れてくる感じ??;; なので更に加工をしました!

▼電動ツールで手が当る部分を抉るようにカーブ状に削ります。

Aps3-wge05

Aps3-wge06

▼あとは滑り止め加工と色味を本体に合わせて完成です~♪

Aps3-wge07

●少しの差なんだけど、手にピッタリハマる感じでかなり良くなりましたよ~♪ この後もグリップ本体を含め、気になる部分が出る度に削っては調整しているので僕の手にピッタリジャストフィットします!!w

★追加工先日のTBSP001のグリップ用にも作成しましたが・・・僕的にトリガーガード下側が無いのは個人的にすご~くイヤなので、アナトミカルグリップ用にもトリガーガードを自作しましたー!! (僕には縁の無い世界ですが・・・本家のエアピストル競技銃もトリガーガードの下側がないモデルがあるのですが、あれはトリガーの調整のしやすさの為なのかな?? コチラでもトリガーガードがしっかりあるモデルが僕的には好きですね~;w STEYRのLP10&EVO10は開いてはいるけど隙間が狭くて手が入る心配が無いのでコレらは良いですねw)

▼前回は簡単に作りましたが、今回はウォルナットの角材から削り出しです!!!

Aps3-wtg00 

かし・・・今回も長くなってしまっているので、続きはまた次回ね!!w お楽しみに~♪

| | コメント (0)

2019/05/02

APS-3 TBSP001 完成画像ギャラリー

■前回のAPS-3 TBSP001(←クリック)の完成画像を各部詳細を含めてお見せしますね~!!

●まずは銃全体の完成画像ですー♪

Tbsp001-02a

Tbsp001-05

Tbsp001-03

Tbsp001-04

▼そして見た目に一番印象が強いであろう?シリンダーのTBマークとマウントベースの文字などw 右側に「APS-3 TBSP001」。 左側には「TSUKASA BULLET CUSTOM」です!

Tbsp001-06

Tbsp001-07

▼シリンダー前面にもバッチリTBマーク!!w

Tbsp001-lg01a

▼次は銃機関部の墨入れなどw 左側は「APS-3」の刻印部にゴールドの墨入れとセフティの「S」刻印にホワイトで墨入れを。 あとはセフティの頭とシリンダー固定六角穴ボルトをゴールドにしています♪ 右側のセフティ頭とボルトも同じようにゴールドにして、セフティ下の刻印の「PUSH FIRE」にもゴールドで墨入れをしてありますw

Tbsp001-08

Tbsp001-09

▼銃の上面にもアップカバーの前にTBロゴマーク♪ 更にコンプレストレバー下面にもw

Tbsp001-10

Tbsp001-11

●そしてそして、APS-3には非常に便利な専用ガンケースが付属しているのですが、コレもTBSP001用に手を加えてみました~!!!

Tbsp001-ca01

▼中はこんな風に銃本体&銃口カバー、予備マガジン、ダットサイト、あと16連マガジンと、ダットサイトの電池と調整六角レンチが収まっています~♪

Tbsp001-ca02a

▼あとマルゼンロゴをシルバーに塗装して、TBロゴマークも付けてありますよw

Tbsp001-ca03a

●前回の銃口カバーの箇所で本革ケースを更に手を加えると書いておりましたが・・・・こんな風に仕上がりましたーー!!w もう何十年と使い込んだSAAのホルスターのような風合いにしましたよw(ちょっとやりすぎ?;w)

Tbsp001-jc01b

Tbsp001-jc01c

●そんで最後にフロントサイトとリアサイトを更に狙いやすいように加工しました!!

▼フロントサイトは丸棒ファイバーではなく板状のファイバーに変えて、リアサイトのブレードとピッタリ面一に狙う形式に変更しました。

Tbsp001-fs02a

▼リアサイトは白いラインだったのを白いプラ版で凸状に接着して、ブレードに透明オレンジのプラ版を入れてフロントサイトをリアサイトブレードを面一に狙うように。

Tbsp001-rs02b

▼狙うとこんな感じになります♪ 僕的には格段に狙いやすくなったような気がします~♪ 今後も良いアイデアが浮かんだら、改良していくと思いますw

Tbsp001-sight2

▼試しに16発マガジンで連続して撃ってみました~;w(コレも一番マシなのね:w) 最初は集中して真ん中を撃ってる感覚があったのですが、どんどん呼吸の制御や腕の震えを押さえるのが難しくなってきて、最後の方はトリガーを引く指の制御も難しくなってきますね;;;w 6発がX丸圏内、8発?が太枠丸圏内、2発が8点圏内・・・・この2発を撃った時はトリガー指がぁ~~;;やってしまった~~;;;って感じでした;;; 鍛錬あるのみですね;;;w

Tbsp001-ta03

★いやはや今回のAPS-3のTBカスタム・TBSP001は一応はコレで完成終了です~♪ ・・・とか言いつつ実は例のブツをゲットできたので、まだAPS-3関連のカスタムが続きます・・・;;w ではでは次回もお楽しみに~♪

| | コメント (0)

2019/04/26

APS-3 TB CUSTOM -TBSP001-

Tbsp001-00

■ずっと気になってたものの、かなりお高いのでなかなか手が出せなかったトイガンなのですが・・・・ついに我が家にAPS-3がやってまいりました~♪ このAPS-3というのは実銃をモデルに玩具化したトイガンではなく、エアガン規制の中で6mmBB弾を使う競技銃として設計された、競技専用銃なのです! なのでAPSカップなる大会もちゃんとあります。 とはいっても僕は今のところこのような競技大会に出る気は一切無いので、あくまでお座敷銃として毎日数十発、気分転換に撃つ感じの愛機となりますw

▼ウチに来た当時のノーマルAPS-3。 初めから外装も中身も全部弄る気だったので、中古でお安くゲットしましたw

Tbsp001-or01b

以前からオールシルバーのAPS-1を持っていたので、APS-3を買っても命中精度的にはそれほど驚くものではないのですが、APS-1が一般的なエアコッキングガンなのに対して、APS-3はレバーで圧縮した空気を使ってBB弾を発射するコンプレストエアーという機構となります。 違いはAPS-1ではBB弾を発射した時にスプリングの振動のようなものが手に伝わって微かにブレるのですが、APS-3ではほとんど何の振動もありません。 これが撃っていて非常~に気持ちが良いのですよ♪ あとAPS-1は長年使っているとスプリングがヘタってきますが、APS-3ではその心配も無いわけですね!w

んで、当初の予定どおりというか、自分が出来る限りのカスタムを徹底的にしたくなる病気がいつものごとく発症するなるわけでして・・・;;w(ご興味がある方は右カテゴリー欄の「司カスタム」「GUN」カテゴリーをご覧くださいね~♪) しかもこの銃には実銃モデルがありませんから自分の好き勝手に手に入るパーツを組み合わせて“TBカスタム”を自由に作れる訳なのですよ!! とはいってもこのAPS-3、正直何も手を加えなくてもノーマルのままで十分に性能を発揮します。 APS-3にはいくつも限定モデルがあり、いつも発売前に予約完売、その後にもすんごいプレミアがついて・・・それを更に皆さんが凄いカスタムをしていますが・・・・はっきり言ってこれらは自己満足や自分が気持ちよく安定して撃つ為の追求で、性能的にはノーマルモデルですでに完成しております;;w

●さてさて今回のTBカスタムではとにもかくにもまずはグリップなのですよ! 銃本体は間違いなく素晴らしい!! 現状で自分に一番合っていないと感じる箇所はグリップなのです。 僕は結構手が大きい方なので、純正グリップではかなり窮屈なんです;;; なのでフロンティアさんのオリジナルグリップの大を購入して、それを自分にとって気持ち良く握れるように、気になる部分は徹底的に削っていきました。

Tbsp001-gp00a

Tbsp001-gp00b

Tbsp001-gp00c

Tbsp001-gp00d

▲まずはワンハンドで撃つ場合と握り方を少し変えて握る場合に合わせて削った後、ツーハンドで撃つ場合にもしっくり来るように削りまくり、最後にはレフトハンドでも何とか撃てるようにも削っちゃいました;w なのでかなり変則的な形になっていますね~;;w でも削りまくった甲斐あって僕の手に吸い付くような握り心地です♪ まぁ、いつかは木製のアナトミカルグリップもゲットして(どこも完売で手に入らない;;;)、利き手専用で自分に合うように削ったりするつもりなので、第一号のこのグリップはオールマイティに使えるように仕上げました~♪

▼そして削り終えたグリップをがんばって良い感じに塗装をして、ウレタンクリアーでピッカピカに仕上げましたぁーー!!! くおぉぉぉぉ~~!!

Tbsp001-gp01a

Tbsp001-gp02a 

Tbsp001-gp03a

●性能的に完璧に近いAPS-3なんですが・・・個人的にかなりイヤな部分が一箇所だけあります。 それはトリガーガードの下側が無い事なんです;;;(上のノーマル状態画像のトリガーガード部分を見てくださいね;w) レバー操作の妨げにならないようにという事なんでしょうけど・・・・いくらBB弾を入れてなくて、コッキングもしておらず、セフティをかけた状態でも、不意にトリガースペース内に手が入ってしまうとビクッとなってしまうので、ココだけはどうしても僕的にイヤな箇所なんです;;;w 銃自体の安全性に欠陥があるように思えてしまって・・・・;;;(あとコッキングインジケーターは付けてほしかったなぁ・・・できればエアーチャージのインジケーターもあったらもう完璧w)

▼そんな訳で簡単なトリガーガードを自作して取り付けました~♪

Tbsp001-tg01a

●次にフロンティアさんのオリジナルマウントベースを付けました!! これでダットサイトも気軽に載せれるし、何よりもこの方がカッコいいです~♪ 

Tbsp001-mt01a

▲このマウントは付属のOリングをバレルに付けるとマウント&シリンダーにガッチリ保持されるので気分的にブレない感じが?? ・・・実際のところはどうなんでしょうね? フリーの方が良いのか、固定した方がいいのか???w ちなみに僕はフロントサイトがマウントベースに付いているのでOリングでセンターになるように?という意図で固定しています。

▼フロントサイトはファイバーサイトに換える事ですんごく狙いやすくなっておりますよ!!(超~おすすめ♪)

Tbsp001-fs01a

▼リアサイトには水平器を付けてあります! コレは別に無くてもいいのですが、何よりもゴテゴテしててカッコいいのでw しかしコレはそのままではノーマルよりもかえって狙い難くなってしまいます;; なので各部を削って中央に白ラインを入れました!

Tbsp001-rs01a

▼フロントのグリーンファイバーと白ラインと水平器の泡が縦に一直線に並ぶので、非常に狙いやすくなりましたよ~♪

Tbsp001-sight

▼ダットサイトを載せるとこんな感じになります♪

Tbsp001-ds01a

▼あと効果はよく分かりませんがカッコいい優先でワンピーストリガーに換えてありますw トリガーフィーリングは・・・・・人それぞれの好みかなぁ??

Tbsp001-tr01a

●そして通常、APS-3のマガジンは装弾数5発なのですが、それだとしょっちゅう給弾を繰り返してちょっとめんどくさいので、ひたすら撃って練習する時用に16発入るマガジンを自作しました!

Tbsp001-mag01a

▲上がノーマル5発マガジンで下が16発マガジンです! コレにより最初に下段に6発装填され、撃ち切る度に再装填する仕組みになります!

▼そしてロゴマーク付きのノーマル5発マガジンは予備マグを含めて3本作ってあるのですが、上部に残弾が一目で分かるインジケーター(シールw)を付けてありますw あとマガジンフォロアーには3本とも金、赤、白とそれぞれ色の違うマーキンクを入れてます! 普段銃本体に付けているのは金色ですね~♪

Tbsp001-mag02a

●内部のカスタムもしておりますよん!w シアーとストライカーを蔵前工房舎さんのステンレス製の物に換えました!! ストライカーには動作潤滑のベアリングも仕込みましたよん♪ すんげー高くて泣きそうになりました・・・が、コレらのパーツをステンレスに換える事で純正の亜鉛パーツよりも耐久性が高くなるのでひたすら撃ち続けても撃ち味が変化しにくく、パーツ磨耗による暴発も起きにくくなって安心して撃ちまくれますね~w

ただステン製ストライカーを組み込む際、ストライカーのセフティが接する部分を削って調整しなければいけないのですが、この調整が不十分だとセフティをかけて、解除する瞬間にバチンとストライカーが落ちます;; つまり暴発です;;; この設計はどうなんでしょうか?? 前述したトリガーガード下側といい、APS-3は安全面で欠陥とまでいかなくても、かなりの脆弱性を抱えた銃のような気がします・・・;;; 個人的に一刻も早くAPS-3A1とか、安全面の改修を加えたモデルをマルゼンさんに出してほしい気がしますね・・・・;;w

もちろんTBSP001はしっかりと調整して暴発が起こらないようにしていますが、構造的に少しの衝撃で暴発しそうで少し恐い気も・・・;;; (九四式の露出シアーとか、89式のセフティレバーの形状や配置、回転角度など、日本人の銃設計にはなんだか銃本体の欠点を鍛錬や精神論で何とかしろという思想があるように思えます??;;w 武器というのは徹底的に合理的かつ無駄を排除して設計しないといけないと思うのですが・・・・;;; そして問題が見つかったら即改修。)

●それからこの部分は完全にただの飾りなのですが・・・今回のグリップを付けたTBSP001を眺めていると、なんとな~く「BLADE RUNNER 2049」Kブラスターを想起したので、SF銃的な放熱板のイメージでバレルとシリンダーの間にパンチング板を入れました♪ パンチング板はほとんどがアルミやステンレス製なのですが、運良く?スチール製の物をゲットできました。 錆びる心配はありますがその渋い色合いがかなり好きですね~♪(写真では光の具合で明るいシルバーに見えていますが、肉眼ではシルバーグレーって感じですw

Tbsp001-pp02a

▼あとは塗装したり、各所にTBロゴマーク付けたりしてゴリっゴリに歌舞いた仕様にして完成です~~!!!w(詳細は次回の完成画像ギャラリー回にてw)

Tbsp001-01

●オマケに銃口カバーを本革のメガネケースで作ってみました♪ あと安いメガネケースのTBロゴ付き銃口カバーもw 本革ケースの方はすでにエイジングを少しやっていますが、更に手を加えてTBロゴマークも付けようと思っています。 どのようになるかは乞うご期待~w

Tbsp001-jc01a

Tbsp001-jc02

●最後にとりあえず完成したTBSP001で撃ってみました~;;w 距離は5mで太枠丸が2cm大に5発づつ射撃です。(いつくかの中の一番マシなのねw) BB弾はマルゼン純正0.29gがお高いので、BATONの0.28gバイオ弾です;;w(現状ウチでは他の銃でもこの弾で統一w)

Tbsp001-ta01

ちなみに上がフロンティアさんのターゲットペーパーで、下があきゅらぼさんのペーパーです。 ペーパーはあきゅらぼさんのホームトレーナーというBB弾が散らばりにくいBOX?に固定して撃ってますw

Tbsp001-ta02

練習でこの程度なので全然な腕前ですね;;; ちょっと言い訳をすると僕は目を患って(現在も治療中。利き目は半失明に近い状態??;;)、利き手と狙う目が逆になってしまっています;;;; なので視差で変な感じでサイトの調整がまだ試行錯誤中なんですよ;;;(APS-3のサイト調整幅がもっと広いといいのになぁ)

(なので目を患ってからの僕の絵を描くお仕事は普通に線が歪んで見えて、さらに視差との戦いなので・・・・一枚描くのにものすご~~く疲れてしまいます;;;;orz そんな僕にお仕事を依頼してくれて、毎回根気強く待っていただいている皆様方には大感謝といつもご迷惑をかけてしまっている申し訳なさが・・・・;;; とにかく本当にありがとうございますーー!!!)

●今回のAPS-3のTBカスタム TBSP001は僕的にかなりのお気に入りに仕上がりました♪ 渾身カスタムの一丁です!! この子はこれから我が愛機としてガンガン撃ちまくりますね~!w

★それにしても今回の記事は強烈に長くなってしまったので、各部詳細は次回のTBSP001完成画像ギャラリー(←クリック)回でお見せしますね!!w お楽しみに~♪

| | コメント (2)

2018/03/17

留ブラ2049 TB CUSTOM Vol.3 完成END

2049_tb_custom_03c

■前回で加工部分は全部終わったので、今回は完成画像です~!

2049_tb_custom_03a1

2049_tb_custom_03b

▲この2049カスタムは以前カスタムをご紹介したZOSPESホルスター(←クリック)に入れて(あの記事からさらにエイジングが進んで飴色具合が深くなっております♪)、いつでも握れるようにそばに置いてますw M2019の方はTBアクリルケースに入れて棚に飾ってあります♪)

2049_tb_custom_03d2

2049_tb_custom_03e

▼前回のM2019と一緒に撮ってみましたw 上がM2019で下が今回の2049カスタムです♪ 肉眼で見ると2049はステアーアッパー部分が少し灰色っぽい色合いです。

2049_tb_custom_03g1

▼こちらの画像では下がM2019で上が2049です。 肉眼で見たり握ってみるとM2019の方がかなり迫力がありますね~♪

2049_tb_custom_03g2

▲前回のM2019と比べると10分の一以下の手数で、ほんの数日でカスタムが完了しました;w この2049カスタムでよければ商売にも出来そうですよ?w

しかしこれでデッカードブラスターをいじることも多分なくなると思うと少し寂しいですね・・・;;w 2049Kブラスターの良い物が発売されたらまたがんばるかもしれませんが・・・??

またいつかブラスター関連のカスタムをやることがあったらその時はよろしくね~♪

| | コメント (0)

2018/01/13

BLASTER TB CUSTOM EX04 -ホルスター編-

■今回はブラスター本体以外では最重要アイテムのホルスターです!! 以前にもご紹介した事があるZOSPECさんのホルスターですが、今回は最終バージョンを改めて購入しました!!;w ZOSPECさん、いつも本当にありがとうございます♪) 以前の物と何が違うかというと、ベルトループ実物プロップと同じになったのですよー!! 以前のホルスター(←クリック)と見比べてみてくださいね~w(以前の物の当時はホルスターの裏側はまだ謎だったんですね;;w)

Blaster_tb_ex04a

Blaster_tb_ex04b

▲昨年末ギリギリに届いて早速擦り始めたのですが、加工前の写真を撮ってない事を思い出して慌てて撮りました;w すでにちょっとテカってますね;;w

▼さて劇中実物ホルスターと同じ感じになるようにエイジングをしようと思うのですが・・・実物ホルスターの状態が分かる画像は↓こんな感じですね。

Blaster_tb_ex04c

Blaster_tb_ex04d1

やる事は以前にご紹介したハンドガン用ホルスターのエイジングと同じコチラ(←クリック)コチラ(←クリック)なので、ひたすらオイルなどを付けつつ擦ったりいろいろするだけですw

Blaster_tb_ex04e

▲▼良い色合いになるようにいろういろやっていきますw

Blaster_tb_ex04f

▼ある程度革が良い色合いになってきたら、上の実物劇中画像のようにブラスターの形が出るようにしていきます。

Blaster_tb_ex04g

ここで気になったのがブラスターホルスターへの入り具合なんです。 上の実物画像ではどちらもボルトハンドルの下側が出ていますよね!? でもZOSPECさんのホルスターブラスターをきちんと包み込んでいます。

しかしこれはZOSPECさんのホルスターの形状が実物プロップと違う訳ではないのですよ。 実物プロップの方は保持するワイヤーをかなり歪ませていると思われるます!?

▼なので、僕もボルトハンドルの下側が出るようにホルスターのワイヤーを力技で歪ませました;w

Blaster_tb_ex04h1

★こうしてみて分かったのは・・・こうする事によってブラスターを捻り込むようにホルスターに入れるようになるのですが、ブラスターが落ちないように保持して、尚且つ映画劇中のようにズバっと抜けるようになります!! ブラスターを半回転させつつ抜く感じです。 おお!!そういうことか!!と目から鱗で感心しました~♪ そんで偶然なのか抜くと丁度LEDのONスイッチが入って、挿すとOFFに・・・自動で点灯&消灯するという・・・スバラシっ!w 

Blaster_tb_ex04h2

▲裏側はこんな感じw 歪ませているのでトリガーガードの中ほどまでホルスターが覆っていますね! エイジングもこれくらいで完了です~♪

▼ワイヤーを曲げた状態としてはコレくらい中央からズレます;w ベルトループと切り垣?のホールが直線に近くなって腰のラインにフィットする感じですね~♪

Blaster_tb_ex04i

●ではでは、エイジングと形状修正が完了したホルスターの完成画像です~!!

Blaster_tb_ex04j1

Blaster_tb_ex04j2

実物ホルスターの裏側画像を持っている人(ネットで探せば出てきますw)はよく見てみてほしいのが、保持ワイヤーの位置です! 表側のワイヤーの位置はステッチの下側ギリギリの位置で、裏側のワイヤーは真ん中に来ているでしょう?? 今回のホルスターは最初は表裏とも下側ギリギリの位置でしたが、ワイヤーを歪ませる事によって実物と同じように裏側のワイヤー位置は真ん中に来ています♪

Blaster_tb_ex04k1

Blaster_tb_ex04l2

●最後に惜しむべくは・・・これは致し方のない事なのですが・・・ベルトループに焼印されたマークがZOSPECLANDのロゴマークだという事ですね;;w ZOSPECさんのホルスター自体の出来は間違いなく素晴らしいと思います!! 革の質も実物よりもはるかに良い革質だと思われます。 でもがんばって雰囲気を実物っぽくと思っても裏を見れば即、違うということになってしまいますからね・・・;;;w 仕方ないんだけどねぇ~~・・・ウムム~~ ・・・サファリランドのロゴマークと2000の番号と「MONROVIA,CA,」と・・・・

さぁ、いよいよあとは最後の大物?を残すのみです! コレが終わればブラスター TBカスタムは飾り棚に戻るので、本当に終わってしまうんだなぁと少し寂しくもありますね;w

ではでは、いよいよブラスター TBカスタム最終回~かも???w

| | コメント (6)

2018/01/07

BLASTER TB CUSTOM EX03 -琥珀グリップ追加工編-

■新年一発目の司カスタムですが、今回は追加加工ですね~;w TBカスタムVol.16(←クリック)でご紹介したアクリル製カスタムグリップです。 非常に高価だと書いたのですが・・・ゴリッゴリに削っちゃいました;;w

このカスタムグリップは少しオーバーサイズに作られております。 多分、個体差に対する保険だと思います? まずはそれをブラスターのグリップフレームにピッタリになるように削りました♪

それからヒーローブラスターの画像を見ながら、主にフロント部分のフィンガーチャンネルを削り込みました~♪

カスタムグリップの無加工?状態と実物ヒーローグリップです。(この時点でグリップフレームに合わせて削ってあります。) 分かりやすくチェッカー部分を水色線でなぞってみましたw

Blaster_tb_ex03a_2

▲▼フロント部分のフィンガーチャンネル部分のRがヒーローの方がかなり削り込まれているのが分かると思います。 分かりやすいポイントは実物ヒーローは左右とも、下のネジ穴にかかるまでフィンガーチャンネルが削り込まれておりますね。

Blaster_tb_ex03b_2

▼で、カスタムグリップをヤスリでゴリゴリ削って、荒い番手から#2000くらいまでペーパーがけをして、最後にコンパウンドで磨き上げました!!

Blaster_tb_ex03c

▼コレが削リ終わったカスタムグリップです~!!(高価なグリップを削って失敗していたら・・・と思うと、背筋に悪寒が走りますね~;;w)

Blaster_tb_ex03d

Blaster_tb_ex03e

結果としてフィンガーチャンネルを削り込んだ事で、すんごく握りやすくなりましたよ~♪ 削った部分は透明の下地が出ているのでアクリル染料で染めてあります。 (ここまでの記事や写真は去年の内に作ってあったので2017になっちゃってます;;w)

では、ちゃんと撮った写真をどうぞ~・・・って、前の写真との差はほとんど分からないよね;;;w ・・・ハイ、自己満足ですよ~;;w

Blaster_tb_ex03f

Blaster_tb_ex03g ]Blaster_tb_ex03h

Blaster_tb_ex03i

Blaster_tb_ex03j

Blaster_tb_ex03k

あとはホルスターと最後の大物?で全て完了となりますw

実はその次のTBカスタムもちょっと手を出しつつあるのですが、そっちはすぐに終わる予定です;;w ソチラもお楽しみに~?w

| | コメント (2)

2017/11/21

BLASTER TB CUSTOM EX01 -本体完成(仮)-

★11/25修正:大して変わってないんだけど・・・最初に上げてたのが明るすぎたので、暗めに調整した画像に差し替えました~;w(少し実際に近づいたかな?)

Pro_tb_ex01a2

■前回まで20回に渡ってカスタムした留ブラPRO TBカスタムですが、(一応)完成したブラスター TBカスタムをちゃんと撮影したのでお見せしますね~♪ ちなみに今回はまだ留ブラPRO(初代)を改造した物ですが、これ以降に予定しているホルスターや小物などは留ブラとは関係がない物になるので、今回からタイトルを変えますね~;w

Pro_tb_ex01b2

Pro_tb_ex01c2

Pro_tb_ex01d2

●実は外観で結構目立つ所にすごく気になっている部分が一箇所あります;;; でもコレをカスタムすると目立つ所に加工痕が残ってしまうと予想されるので、今の自分の技術では難しいと判断して保留としています;;; いつかカスタムできたらいいのですが・・・(ホントはまだ別にもあるけどその一箇所程は目立たないの部分なので・・・まぁいいかな?と;;w

Pro_tb_ex01e2

Pro_tb_ex01f2

昔からいつかはブラスターをちゃんと自分が満足出来るまでカスタムしたいと思っていたので、きちんと形に出来たのはすごく嬉しいです~♪

ちなみに以降の小物などは時間がかかることが予想されるので、多分年が明けてからになると思われます;;w

あと最近また目の具合が芳しくなく、先日もう5度目となる眼球注射の手術を受けて、お仕事や冬用カレンダーの進行が著しく滞っています・・・;;; しばらくの間、ブログの更新も滞ってしまうと思われます・・・;;;orz スイマセンです;;;

| | コメント (4)