カテゴリー「ラク描き」の4件の記事

2015/01/22

ラク描き02

201501

■なんの脈絡もなく、不意に昔考えていた話のキャラを描きたくなる事が・・・・?;w このラク描きもそんな感じでして・・・・男の方は宇宙人だったりします・・・;;w マンガのネタとしてボンヤリ考えていたものですが、街がブッ壊れまくる話なので僕にはまず実現は無理だろうと思われます;;;;クスン;;;

| | コメント (4)

2014/10/24

「ストリートファイター 暗殺拳」

Ryu_2

■かなり前に海外の予告編を見て以来、ずっと気になってた実写版「ストリートファイター 暗殺拳」をやっと見れました~♪ 題名の通りゲームのストリートファイターシリーズの実写版で、向こうでは15分のTVシリーズ放送だったらしいのですが、僕はてっきりアメリカ制作かと思ってましたが、イギリス制作のようですね? で、それを一本にまとめたものが日本でリリースされたので、レンタルで見たわけですw

内容はというとリュウケンの修行時代&豪鬼剛拳の修行時代の話といった感じです。 僕的には映像的に興味があったのですが、正直ストーリーは全く期待していませんでした;;w(今までの経験上;;;) ところがですよ!? これが中々に面白い!! ストーリーも豪鬼剛拳が想いを寄せる女性が出てきたり思いの外、良いドラマになっていたし、何よりも設定がかなり細部まで原作ストリートファイター(ストゼロ、ストII、ストIVに加えて公式アニメまで)の設定に非常に忠実でビックリするくらい細かかったりしますw 例えば修行時代の剛拳の構えがヘンテコだなと思ったら・・・そういえばストIVでの剛拳の構えはこんなだったと思い出したり、リュウケンの手甲の色がストIIで茶色だったのは免許皆伝?で剛拳の元から旅立つ時に餞別に波動に耐える手甲としてもらったりw(リュウの風林火山の帯もこの時にもらう) とか、リュウのハチマキの色がゼロの時の白からストII以降の赤に変わる理由とか、ケンが金持ちのボンボンという設定もちゃんと入ってるし、この監督、本当にストリートファイターシリーズが心底好きなんだなぁと作品愛を感じましたです♪

惜しむべきは最後に剛拳VS豪鬼までは入れてほしかったなぁ・・・・・できればどんどん続編を作ってほしいと思える出来でしたね~♪

▲上の絵ですが何年ぶりになるのか、久しぶりにリュウを描いてみました~w リュウスパIIXのOPデモのダッキングして真空波動?を撃つあのリュウが僕的に一番のリュウですね~♪当時スパIIXの基板買ったもんなぁ・・・w今でもどこかに埋まってる;;;) その前のストIIの時の無精ヒゲがなんかすんごくカッコイイ!と当時思ってましたですw あと当時は実写にするなら渡辺裕之さん(若かりし当時)がリュウのイメージにピッタリだなぁなんて思ってたなぁ・・・w(遠い目)

| | コメント (2)

2014/09/13

「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」

Cap

■久しぶりの映画の話題ですが・・・・今回は「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」です! これがね、実をいうと大して期待してなかったんですが、マーベル映画は大抵見ているのと、見てないと他の映画で何の事を言ってるのか分からなくなるので、とりあえず見ておこうくらいな・・・・;w しかしですよ!率直に言うとすんごい面白かったです♪ ここ数年で見たアメコミ原作映画では間違いなく(僕的に)トップ3に入るくらいw 観てる最中「おいおいどうした!?キャプテン、おもしろいじゃあないか!!?」とか思いながら、最後までダレる事もなく・・・おもちろかったぁ~♪

銃撃戦も、高い所から飛び降りる時も、カーチェイスも他のヒーローでは出ない緊張感や迫力が効果的に出ていて・・・・どちらかというと他のヒーローと比べると地味な印象のキャプテンの魅力がすごく引き立っていたように思いますね~♪ 銃弾が効いて、飛べなくて、反射神経と力と盾がスゴイだけのキャプテンがすごくカッコイイ映画でしたね~♪ 

・・・ただ、ウチの両親と一緒に観たので、「ブラックウィドウ」というのはこの赤毛のおねえちゃんの事ねとか、「トニー・スターク」「アイアンマン」「ブルース・バナー」というのは「ハルク」の事ねとか、「ニューヨークの一件」てのは「アベンジャーズ」の映画の事ねとか解説するのが大変でしたが・・・;;w

久しぶりに超~楽しかったです~♪

▲てか、なんか思わず“ラク描き”まで描いちゃったじゃないかぁ!!?w 今、お仕事超絶にヤバイのに~;;;;(いつもゴメンナサイ;;;)

| | コメント (2)

2014/02/11

ラク描き01

■何の脈絡もなく、突然頭に浮かんだので描きちらしてみました~;;w

▼パッと思い浮かんだのは吸血鬼モノで・・・・最後の決着をつける為に大元の巣の城に乗り込んでいくと、階段の上から一番最初に胸に杭を打ち込んで殺した自分の娘が胸に杭が刺さったままニヤニヤしてカクカクしながら階段を降りてきたら怖いだろうな・・・・と;;w 「あの時は本当に痛かったのよぉ~ 酷いわぁ、お父さま」とか言いながらw

01

イメージとして全身が煙のようで、一歩一歩階段を下りる度に霧散してしまいそうでしない曖昧な・・・でも全身に痛みが走るような強烈な危機感が伝わってくるような・・・・;w

今回のラク描きはTB PENCIL 01で描きました。 やっぱ描きやすいですわコレw スーパープロメカがザクザク描いていく感じだとしたら、ペンシル01は滑るような感じ? 芯はどちらも同じメーカーの0.5mmのHBです~

●ちなみに僕にとっての「ラク描き」というのはなんとなく頭に思い浮かんで描いてみたけど、完成イラストにするような題材じゃなかったり、完成イラストにまで気力が続かなかったりするラフ絵なので(もしくはペンの描き味の実験)、大抵の場合は気持ち悪かったり意味不明だったりします・・・・そんなの公表するなよって話なんですが・・・・;;;w (なんか大昔に自傷行為をしている女の子の絵を油ち隊長に見せてドン引きされたような記憶が??;;;w)

| | コメント (2)