カテゴリー「模型・Hobby」の8件の記事

2013/05/23

T600ヘッド 続報&ディティール

■先日ご紹介したT600の原寸ヘッド(←クリックw)ですが、電池を買って入れてみたところ・・・

T600_04

わーい光ったぁーーー!!!w でも接触が悪いのか、2~3分すると消えます;;w すると頭をペチンとたたくとまたビカーっと光ります♪(まるでドツキ漫才のようw)

T600_05

T600_06

▲光り方はかなり強力で真正面から見るとこちらの目をやられそうな勢いですね~;;w しかしやはりというか、目が光った方が“ターミネーター”って感じがしますね~(≧∇≦)キャー

T600_07

▲前回の時も書きましたが、細かい造形が半端ないです♪

T600_08

▲更に細かいディティールをっ!!

ん~~・・・やっぱT800も気になるにゃ~;;w いや、我慢我慢;w

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/05/14

T600 原寸ヘッド

T600_01

■ホントに気まぐれに安いのでつい買ってしまった「ターミネーター4」のT600の1:1スケールのヘッド模型(塗装済完成品)が香港から届いて、値段では考えられない超絶出来だったので載せちゃいますね~w

T600_02

▲材質はレジンなんだかポリストーンなんだかよく分からないんだけど、とてもレジンとは思えない重量です;;; 5kg以上は軽くあると思う;;;w

T600_03

▲ディティールとかはとんでもなく凄くて、細かい穴やヘコミの中の造形までスンゴイ造り込みなんだけど、何だろう?・・・・バランスがT600特有の絶壁顔よりも若干だけT800寄りのバランスのような気が??w ホントに若干だけなんだけどね;w エラがもっと張ってるイメージなのかなぁ???

電池を買って入れてみないと分からないのですが、一応は目が光るように配線が残っています。 光ってくれると嬉しいのですが・・・;;w しかし・・・この出来で数千円で入手出来てラッキー♪

T800で総アルミとかあったら欲しいなぁ・・・とても買えない値段になるだろうけど;;;w

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/11/15

留之助ブラスター製作記①:補足?

■先日の留ブラ製作記①コメント欄マガジンハウジング小ネジの台座の素材についてJOKERさんと語り合ったりしておりましたが、やっぱり答えは出ないし・・・どうすればいいかなぁと悩んでいたのですが・・・ふと思い立ちまして・・・

いや、先日から書いているようにホントに冬コミケ用の原稿は半端なくヤバイのです;; こんな事やってて間に合わなかったらどうすんだ!?と思いつつ、思い立ったらもうやってみないと落ち着かないといいますか・・・;;w(←超言い訳;;)

そんな訳で、小ネジの台座か何かで製作しようか悩む前に留ブラ純正パーツブルーイング処理であんな錆色に出来たらいいんじゃないの?と・・・

で、やってみました!!!

01_08a

▲結果はこんな感じ♪ 自分ではかなり良い感じの錆色になったと思うのですが・・・w(右の画像がワーコンでのヒーロー小ネジ) JOKERさん、こんな感じでどうでしょ~?w

●ところで僕はこの留ブラワーコン版のヒーローの再現にしようとは思っておりません;w どちらかと言うと1981バージョンを目指しておりますが、キレイ過ぎるのもいけない・・・なので、やはりワーコン1981Verの中間、つまり映画の劇中くらいが理想でしょうか?w そんな訳で右側のネジウェーバースコープのネジではなく(実物持ってますが;w)マイナスネジにするつもりです。映画中でもマイナスネジしか確認できませんし、もちろん1981Verマイナスネジです) なのでココ錆色に拘る必要は無いのですが、何だかココに何かしらの“色”が無いと妙に落ち着かないので、ココ素材もわからない事だし、錆の茶色を再現したという訳です。(真鍮説も捨て切れない;w) 小ネジの台座、一箇所の説明だけでもこんなに字数が要ります・・・ホントに完成するまでにはものすんごい大変な道のりが待っていますね~~;;;w)

それでは、今度こそ原稿に専念しま・・・・・

いやいやいや;;・・・しないと間に合わないって・・・・・;;;

うああああああ~~~~~~~・・・・;;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/05

留之助ブラスター製作記①

■正直に申しますと・・・エルフィンナイツ製留之助製キット版ブラスターを買ったはいいけれど、組み立てる気はほとんどゼロに近いものでした・・・;; というのも、僕はステンレス、アルミを削ったり、ブルーイングなどは結構燃えてがんばるのですが、プラに塗装をして金属風に見せかけるという時点で萎え萎えになってしまうのです;;; (「零戦を作る」がなんとか続いているのも金属製だからでしょう;w) といってもプラが嫌いという訳ではなく、それを他の素材に見せかけるのが嫌いというか・・・萎えるのです;;;w

そんな訳で、留ブラが凄い出来なのは分かっていましたが、ブルドッグ部分を塗装してとか考えるだけで・・・いつの日か~;;;とか思っていたのですが、ちょっとしたきっかけで作り始めちゃいました;w

その理由の一つが、先日発売&即完売留ブラ・アーティストプルーフは先に発売したキット&完成版とは違って、グリップフレームグリップエンドアルミ削り出し新規製作をしていて、その時の余剰分パーツ留之助さんが販売したのですが、それを運良くゲットできたのです!! で、そのアルミパーツ琥珀グリップに合わせて形状削り出していかなくてはいけない、素人さんお断り仕様でして・・・;;;(凄い商品だ;;;・・・「零戦を作る」ほどではないけれど;;;) なんかそれを見てたらうずうずといつもやってるようにヤスリを持ってきてごりごりやりたくなってきまして・・・(^^;)

http://tenshu53.exblog.jp/9115327/  ←アルミパーツ元形状はこんな感じ;w(留之助さん、URL貼付け許可ありがとうございます~♪)

もう一つの理由は今はまだ詳細書きませんが、ある物ゲットしまして・・・それをブログでお見せする時にブラスターと一緒に写真に撮りたいな~とかw (気の長い話;w)

そんな感じでやり始めたのはいいけれど・・・これは想像以上に大変な作業になりそうですよ??;;(「零戦を作る」ほどではないけれど;;w)

01_01a

01_07

▲とりあえず今回ゲットしたグリップフレーム削り始め。 上の方など綺麗に丸くするのはすごくしんどかったです;; 全部削り終えても、その後にアルマイトテフロンコートなど表面処理をしないといけません・・・更にその後、下の方を削って加工跡の再現も・・・;;; めんどくっさ!!

01_04b

グリップの形が違うのか、グリップフレーム形状がこうなのか?ヒーローの画像では判断できませんが、とりあえずグリップグリップフレーム上面面一ではなく角度が違うので(元パーツは面一に出来てます)、コレを再現しときました。 (あとヒーロー右グリップ上面微妙なカーブ形状をしているんですが、留ブラグリップ(エルフィンナイツ製も)は平面なので、これは後々グリップ全体形状修正の時にやるつもりですー。)

01_02

▲そしてキットを久しぶりに出してきてチェックしたらバレルが・・・ぎゃあああああああ~~~~・・・錆の塊に・・・;; (一度も袋から出していません;;もしもキット版ご購入の方がいらっしゃったら一度チェックしといた方がいいかも??;w)

01_03

▲そんな訳でポリッシュしてブルーイング エイジング作業はレシーバーなどの仕上げに合わせるので、今はこの状態で放置。 とりあえずから守ると言う事で(^^;)

01_05b

シリンダー「A」刻印ダミーカート古仕上げ;w 時間が経ったらもっと落ち着いた感じになってくるでしょ~♪ (もっとリアルなのが欲しいなぁ・・・RIGHTとかが44スペシャル作んないかなぁ・・・)

01_06b

▲あとフルートカーブのイメージが何か違うので削りました~。 (←まだ途中ですが;w)

これ以上は冬コミケ用入稿が終わってからじゃないと・・・それでなくても間に合うか、かな~りヤバイ感じなので~(^^;) そんな訳で次のブラスター製作記事がいつになるかは分かりませんが、何か進展があったら~~;w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/15

物欲大馬鹿列伝・第一弾!『零戦をつくる』

■もうね、完全に病気ですわ;; おかかさまの大病で3~4ヶ月間買い物も一切せず、自分の時間も何もなく、一生懸命看病と家の事に専念してまいりましたが、その間のフラストレーションが溜まりに溜まって・・・・・・物欲が止まりません;;;; どれだけ止まらないかと言うと、自分のモノだけでは飽き足らずに、おかかさまおととさま時計を新調したり、おかかさま時計に至っては、金属ベルト革バンドを買いまくってすでに5種類;; iPod Shuffleも新しく買ってあげたり、デジタルフォトフレーム買ってあげたり、他にもいろいろ・・・・

で、自分の分もいろいろと買いまくってしまってます;; 脳の自制を司る部分が壊れてしまったみたいに・・・ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

今回はその第一弾! ディアゴスティーニ『週刊 零戦をつくる』ですーー!!

はい!先日の記事でも欲しいけど、お金も場所も根気も無い”と冷静な僕が、的確な判断を下してますね♪

え~~~~っと・・・ゴメンナサイ;; あれ書いた翌日にはディアゴスティーニ定期購読申し込んでしまいました~~!!

いやっほーーーーーーーーーーーーーーぃっ♪

01a

▲今、3号まで来てますが、もう・・・めんどくっさーーーい;;; いや、まぁ組み立てるのは基本楽しいのですが、極小ネジが入る穴を0,7mm1mmドリル&ピンバイスで開けて(今回の分だけで計48箇所;;この先、一体いくつの穴を開けないといけないのやら・・・)、そこに極小ネジグリグリねじ込んでいくとか・・・そんなの別にしたくないから;w ちゃんとタップで切ったネジ穴を開けといてっ!!;;;

この『零戦をつくる』はユニットが出来る辺りで途中経過としてココで紹介していきますね~w 問題は30号くらいでエンジンユニットが出来上がるので、その時点で一度続けるかどうか悩んでみようと思っているところですねw

第ニ弾はもうすぐ発売の例のブツです~~w

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009/06/30

留ブラnano・キット版

■先日の「留ブラnano」の記事に追記として、第2期生産があって、完成版100個、キット版100個の販売があると書きましたが、予想以上の売れ行きだったらしく、完成版、キット版共にほんの数分で売り切れたそうです。 完成版に至っては100個がわずか1分で完売だったとか・・・;;;

http://tenshu53.exblog.jp/8494386/

第1期販売の完成版200個(ハリコレでも200個)の時は僕は予約開始後、数時間経ってから、注文しましたが普通に予約できたのですが・・・・;;w

そして、昨日キット版が届きましたーー!!

Nano_01

早速見てみましたが、思ったよりも一体成型なんですね?w どうやら本体とレーザーサイト?部とグリップの4パーツのようですw しかしこの抜きは本当に素晴らしいですね~♪

Nano_02

いつか時間を作ってこのキット版をヒーローに近い感じにカスタムできると良いのですが・・・

その前に留ブラ(フル)キット版を組み立てれ!?Σ(;・∀・)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/06/18

留ブラnano

■以前、留之助商店さんの留之助ブラスターキット版を紹介しましたが、先日その1/5の縮小版の「留ブラnano」が届きました~♪ (下に追記あります!w)

Nano_01

この留ブラnanoは原寸の留ブラの図面や現物から数値を3DCGソフトに入力して、それを縮小して作った物なのだそうです。 で、1/6アクションフィギュアに合うように作る事にしたそうですが、正確に1/6にするとかなり小さなブラスターになって見栄えが良くないので1/5で製作したそうですw

Nano_02

それにしても現物はすごく綺麗です! まるっきり留ブラがス●ールライトでそのまま小さくなったよう(^^;) ここまで精密なアクションフィギュア用のブラスターは今まで無かったのではないでしょうか? 皆さんも画像だけ見ていたら、全長わずか5cmほどのモノとは思わないのでは?w

Nano_03

箱は留ブラ(フルサイズ)完成品版の箱のデザインを小さくしてありますw お値段もお手ごろだし、かなり良い感じ♪ 留乃助さん、ありがとうございました~!w

■6/19追記:現状この留ブラnanoは売り切れ状態なのですが、第2期生産分の発売があるとの事です! 来週中~今月末に予約がはじまるとの事なので、欲しい方は要チェックですよ!!w

http://tenshu53.exblog.jp/8435687/

↑ちなみに今回の完成版100個キット版100個で打ち止めだそうです~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/04/05

留之助ブラスター

■思えばコレを注文をしたのは年末の12月中頃でした・・・。 それから約3ヵ月半・・・や~~~~っと留之助商店ブラスターキット版が届きました~~!!w

ブラスターというのは映画「ブレードランナー」で主人公のデッカードレプリカントを処理する為に使うSF銃です。  このブラスターはその独特のスタイルと、映画の中でもほとんどハッキリ見えないのとでファンの間で二十数年間、そのディティールを追い求められてきました。 そして2006年ワールドコンベンションヒーローブラスターが公開された事で、その全容がやっと分かったのでした。

それ以降、各メーカーが一斉にこのヒーローブラスターを再現すべく鎬を削っていたのです。 (このブログのリンクにあるZOSPEC ARMORYZOSPECさんもHWSブラスターをその制限内で可能な限りヒーローに近づけるカスタムパーツを製作しています♪) そんな中で現時点で最もヒーローに近いと思われるが今回の留之助ブラスターなのです。

この留ブラにはバリエーション?があって、キット版完成品、そして島田氏の手による(ヒーローの小さな傷まで一つ一つ再現した)アーティストプルーフ(←これはまだ未発売)の3種類です。 当初、キット版は注文がある限り生産を続けるとの事だったので安心してAPを待つつもりだったのですが、なんと発売開始後数日で初回ロットで絶版になるとの発表があって;;; 慌てて注文をしたのでした。 それから届いたのが数日前・・・;; げふぅ;;

01

▲外箱はこんな感じw

02

▲そして中身。 これを組み立てる日は来るんだろうかと、パーツを眺めながら途方にくれてたりします(^^;) やっぱ出来は素晴らしいの一言です♪ (お財布は危機的状況ですが;;;;)

いつの日かぁぁぁ~~~~;w

| | コメント (10) | トラックバック (0)