カテゴリー「模型・Hobby」の44件の記事

2020/10/12

デカいアイアンマン 5 マーク3ヘッドも

Diron-05a

■前回のマーク2カスタム(←クリック)のオマケにノーマルマーク3のヘッドも、少し手を入れましたw やったのはノーマルの金色部分がサテンゴールドなのをもっとギラっとした黄金色にした感じですね~♪ あと少しスミ入れをして、マーク2同様に目を青っぽくしました。

Diron-05b

マーク2ヘッドマーク3ヘッド並べてみるとこんな感じー♪

Diron-05d

▼実はアメコミ風な色合いの赤味の強い金色のモノも作ってコレがかなり気に入ってたんだけど、調子に乗って磨いていたら・・・・色が剥げてしまって泣く泣くギラギラゴールドに落ち着きました;;w

Diron-05e

はてさて首パーツとかが出るのはいつになるのかな・・・;;

| | コメント (10)

2020/10/05

デカいアイアンマン 4 めっちゃカスタム!

■ようやく頭部を完成できる分が一般販売になったデアゴスティーニアイアンマンだけど・・・・・これまでのデカいアイアンマンのブログ記事を読んで勘の良い人はコイツやる気かも??とか気づく人はいたかな??w そうです!

マーク2化カスタムやっちゃいました~~~!!!

Diron-04a

まぁ、ディテールやバランスなど元々違う箇所などには目を瞑って、無理なく可能な感じでマーク2化してみました~♪ 大部分の作業は素材自体がほぼ金属製なのでとにかく塗装を剥いで、あとはひたすら磨くだけです;;w

Diron-04b

Diron-04e

それから横顎部分の穴加工やリベット状?に窪み(本当は違うのですが;;)を再現してほとんどが完成です・・・・・・・・

Diron-04c

Diron-04d

・・・がっっっ!! 最大の難関が下顎(ノーマルの金部分)、額(赤部分)、耳部分の素材がプラ樹脂製なんですよぉぉぉ~~;;;;; この数箇所の樹脂パーツのメタル加工が・・・・・塗装ではどうしてもメッキのような金属感が出ないのです;;;; それはもう、いろんなトライ&エラーを繰り返しつつ、なんとか許せる感じに仕上がったのでお披露目としました~(というか・・・もう諦めた;;;)

Diron-04g

Diron-04h

あと画像で分かるかな?目のLED部分を青っぽくしております~♪

Diron-04f

僕的にアイアンマンはやっぱマーク2が一番好きでマーク2といえば金属感が命なので、今回のカスタムで中々に満足のいくアイアンマンになりました~♪

さて、この先を作るかはデアゴスティーニのパーツ配分次第と思っています;; というのも号が進むと共にどんどんパーツ数が減って、右腕の肘関節一つ作るのに2週=3280円かかるとかとんでもない事になっているので、もうこのヘッド部分だけでもいいかな~??などと思ってたりします;;w

もしも進展があったらまたココでご報告するので、あまり期待しないで待っててくださいね~;;w 次回はちょっとオマケでノーマルのマーク3ヘッドも少しいじったので、ソチラもお見せしたいと思います~w

| | コメント (6)

2020/09/04

デカいアイアンマン 3 ちょっぴり改造?

■先日お見せしたデアゴスティーニ アイアンマン創刊号の頭部前面だけど眺めていると・・・なんか・・・気に入らない;;; 造型とか仕上げとかはまぁ290円の物だし、そこまでうるさく言う気はないんだけど・・・・ん~~~・・・・やっぱ目かなぁ???

このアイアンマンの目だけど、正面から見る分には何の問題もなくカッコいいです♪ 前回2枚目の画像(←クリック)

▼でも少し角度を変えて見ると・・・・・白い発光部分が奥過ぎて目が欠けているように見えちゃうのね・・・;;;;

Diron-03as

▼コレがどうにも気になって仕方がないので簡単に改造してみようかなとやってみた結果がこんな感じー♪

Diron-03bs

●以降、比較ですw 角度を付けると欠けてしまう目が良い感じになりましたね~♪

Diron-03cs

▲この左目が▼こんな感じに。

Diron-03ds

Diron-03es

▲そしてこの右目が▼こんな感じーw

Diron-03fs

以上です~!w

| | コメント (4)

2020/08/31

デカいアイアンマン 2

■先日ご紹介したデアゴスティーニアイアンマン創刊号(←クリック)の頭部前面ですが、とりあえず組み立ててみましたw といっても零戦の時と違って、付属のパーツを付属のネジで付属ドライバーを使ってネジ穴に固定するだけなので、非常~~に簡単でした;w

Dscf4313s

▲まずは大きさの比較w 時計と比べてこの大きさでほぼダイキャスト製なので、全身を組み立てるとなんと3.6kgにもなるそうです;;;w

Dscf4315s

▲んで、LEDユニットを発光させるとこんな感じ♪ アイアンマンといえばやっぱ目とアークリアクターの発光ですよね~w

はてさて、コレ以降どれだけの号を買って組み立てるのか全くの未定ですが希望としては頭部と胴体を組み立てて飾りたいなぁとか思っております。

たぶん途中でやめちゃうと思いますが・・・・ホントにマーク2じゃなくて良かった;;w

| | コメント (0)

2020/08/27

デカいアイアンマン

■この前、朝のテレビで「きょうのわんこ」を待っていたら、CMでデアゴスティーニアイアンマン マーク3の60cmサイズの物を発刊すると知って、調べてみると創刊号は顔前面で発光装置が付いて290円との事でとりあえず買ってみましたー!!w

Dscf4307s

▼届いたブツを見てその大きさにちょっと笑っちゃいましたw (この箱A4サイズくらいですw)

Dscf4309s

以前に定期購読した零戦で懲りたので、今回は定期購読はしませんが、頭部周りとか胴体部分のみ買って飾るのも良いかも?とかちょっと思っております♪ でも次号からは1490円(+税)なのでちょっとしんどいな;;; しかし、100号だったら約16万ちょいか・・・・しかもかなり巨大;;w 大きさ的には以前ご紹介したウォーマシンマーク2(←クリック)くらいが丁度いいかも? コレが完全ダイキャスト外装だったらもっといっぱい種類を買っちゃってただろうなぁ・・・。 そして今回のデアゴアイアンマンがマーク2だったら多分定期購読しちゃってたと思う・・・・助かった;;;w

| | コメント (8)

2020/04/10

爆水拳銃TBカスタム

Tb-05

■先日の記事でご紹介した高木型爆水拳銃Ver.1.5ですが、この記事でも書いたようにTBカスタムをしました!! といっても本体への加工はほぼ何もしていなくて、水鉄砲として普通に使えますw 本体にした加工といえば軽~~くパーティングラインを削っただけで、それも消えるほどではなく若干マシにした程度です;w

では何をしたのかというと・・・95%セント塗装のみですw 目標としてはパっと見で水鉄砲には見えないように。軽そうに見えないように。留ブラと並べた時にチャチく見えないように。です!w

そして完成した爆水拳銃TBカスタムがコレ!!↓

Tb-01 

Tb-02

今回の爆水拳銃は留ブラTBカスタムでは劇中と同じマイナスネジにした部分がウェーバーノブなので、ワーコン版と映画劇中の白コードが見えるカットをコンセプトに、とにかくリアルに見えるようにがんばりました~!!w

Tb-03

Tb-04

Tb-06

▲前から見ると・・・やはり水鉄砲ですね~;;;w

Tb-07

Tb-08

先にも書いたように今回のカスタムは本体に加工はほとんどせずに塗装がメインなんですが、それ以外にオリジナルで追加加工した部分は・・・

●グリーンLED部分には製品付属のパーツではなく、実物や留ブラと同じグリーンLEDそのものを加工して接着したのと・・・ ●レーザーサイト?の下から延びる白コードを接着しました! ●あとはLEDスイッチのON OFF表示ですねw

Tb-09

▼コードの下の方はちゃんと実物と同じく4本に別れるようにしておりますよ~w

Tb-10

▲また今回のVer.1.5には最高に素晴らしい点があります! それは赤LED部分に入れるようにスワロフスキーが付属しているのですが、コレが優れもので・・・まるでLEDが点灯しているように見えるんです♪ 留ブラを触り慣れてるのでついつい「あ、スイッチを切らないと」と思う事が何度もありました;;w

もったいないのは下側の5mm赤LED部分がボコっと出ていて赤塗装してあるのですが・・・・ココも金型の設計で凹ませる事が出来ないのなら平らに設計してスワロフスキーを接着するようにしてほしかったですね~;;;

●あと前回に書き忘れたのですが、Ver.1.5にはもう一つ良い点があって、Ver.1ではグリップが接着されていて、無理に外そうとすると破損は免れませんでした;;; しかしVer.1.5では接着はしていないので慎重にやれば簡単に外せます! これによりグリップの色を換える等の加工が無理なく行えました~♪

▼もちろん以前に留ブラTBカスタム用にエイジング加工したZOSPECLAND製ホルスターにもばっちり収める事ができますよ~♪

Tb-11

Tb-12

★それでは、留ブラTBカスタムと並べてちゃちく見えるか・・・見ていただきましょう!!w

Tb-13

Tb-14

Tb-15

▲どうでしょう??留ブラTBカスタムと並べても遜色のない仕上がりになってませんでしょうか?w でもこの2丁を持ち比べるとその重量差に思わず笑ってしまうかもしれません?;w 大げさでなく、10倍以上の重量差だと思われます??w(20倍??) 価格はカスタムパーツ含めると40倍以上だけど・・・・;;;w

●今回の爆水拳銃TBカスタム、自分ではかなり良い感じにカスタム出来ているのでは??と、自己満足しております;;w(^ ^;)

そして何故かもう一丁・・・あれれ??何でだろう??? 少しだけ手順を変えて作った物がもう一丁あったりします;;w

Tb-16

違う点はパーティングラインを全くそのまま未加工で、ステアー部分が今回お見せした物よりも少し濃い感じ? 今回お見せした物の方が使い込まれた感じに仕上げてありますw あとコレはまだ未完成でグリーンLEDと白コードを付けていません。 コレを完成させてどっかで売ろうかな?・・・・などと悩んでおりますが、方法などいろいろとめんどくさそうなので・・・・まだ保留中です;;w

Tb-17

下側がグリーンLEDと白コードをまだ付けていないもう一丁の方ですねw

う~~ん・・・売るんだったらオークション出品かなぁ・・・もちろんグリーンLEDと白コードを付けて完成させてからだけど・・・とはいえ所詮は素人の手遊びだし・・・どうしようかなぁ・・・?

| | コメント (6)

2020/04/04

高木型爆水拳銃 Ver.1.5

■新型コロナウイルスで世の中が日に日に悪い状況になっていく中で、何ヶ月か違う病気で入院していた家族が退院してきたのは良いのですが・・・介護が以前よりも更に大変な状態になって結構限界に近い状況に陥っています;;; せめて新型コロナの脅威だけでも収束してほしいのですが・・・中々出口は見えないですね;;;(今回の件で僕の中の日本政府への信頼度は・・・;;;;) とまぁ、最近暗い事ばかりで落ち込んでしまいそうなのですが・・・・・・・

気を取り直して・・・先日、高木型爆水拳銃 Ver.1.5が発売されていたのでゲットしました~♪

01_20200404181501

コレは何かというと、ブレードランナーデッカードブラスター型の水鉄砲なんですw もう何年前なのかな?Ver.1が出てすぐにゲットしていたのですが・・・このVer.1は本体が半透明のクリアブラックで、引き金部分の材質が悪かったらしくて、早々にポッキリ折れるという悲しいモノでした;;;;(僕のもポッキリと折れました;;orz

それがVer.1.5では本体はABS製でメタルブラック色に塗装されており、トリガー部分の材質も折れにくい物に変更されました。 そして赤LED部分に入れるスワロフスキーやグリーンLED部分用のパーツが付属していたり、限定版と同じ仕様?になって発売されたのです!!

02_20200404181501

僕も早速ゲットしたのですが・・・・Ver.1のクリアブラックの時にはそんなに良いとは思っていなかった造型が不透明メタルブラックカラーになる事でディテールが際立って凄くカッコイイ!! コレはちょっと僕のカスタム魂に火が点いてしまいましたよ~♪ うひひひw

★そんな訳で久しぶりにブラスターカスタムをやろうと思いますー!!w

というかもうすでにやっていて、あと一箇所を何とかできたら完成というところまできています;w

次回くらい?に爆水拳銃 TBカスタムをお見せしますね~♪ さぁどんな風に仕上がっているか、こうご期待ですー!!

| | コメント (8)

2018/09/20

アイアンマンDIECAST 『WAR MACHINE MARK II』

Warmachine_mk2_01

■ホットトイズ・ムービーマスターピースのアイアンマンシリーズのDIECASTモデルでアイアンマン・マーク2が出ると半年~1年くらい前に気づいて、その時にはとっくに予約完売していたのですが、なんとなくずっとチャンスがあれば欲しいなぁと思っておりました。 で、最近遅れに遅れて発売されたらしく、ちょこちょこ見かけるようになったものの・・・高い;;;・・・ちょっと飾っておくだけのおもちゃに出せるお値段ではない;;;;

僕的にマーク2以外ではウォーマシン・マーク3がゴッツくて塗装剥げしてミリタリーな感じがカッコイイので欲しかったんだけど・・・・マーク2以上に高い上にモノ自体も滅多に出ない・・・;;;orz

モヤモヤしつついろいろと見ていると、どうやらウォーマシン・マーク2がかなりお手頃価格で取引されている事が分かって、コレならなんとかいけるんじゃない??と注目していると・・・カッコイイと感じる時と、んん?なんだかカッコ悪い??;と感じる場合がある事に気づきました。 よくよく見ていると「アイアンマン3」と「アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン」の2種類のバージョンがあって、僕がカッコイイと感じるのはアベンジャーズバージョンの全体が暗い色調で胸のアークリアクターの周りがグレー(アイアンマン3の方は赤です)の渋い塗装の方という事が分かりました。

Warmachine_mk2_02

で、先日アイアンマン3バージョンよりは少しだけ高いものの、アベンジャーズバージョンのウォーマシン・マーク2を新品未開封でゲットできました~♪(定価の3分の2くらいの価格でしたw)

Warmachine_mk2_03

届いて早速電池を入れて目とアークリアクターを発光させると、やっぱカッコイイですね~♪ 

Warmachine_mk2_04

ウォーマシン・マーク3との価格差は何だろう?と疑問に思っていたのですが・・・多分ギミックの少なさではないのかな?とマーク2を触ってて思いました;; マーク3は劇中でも肩にミサイルを装備していたり、なんだかよく分からない発光する棍棒を持ってたり、いろんなギミックがあるのですが、マーク2は発光部分は目とアークリアクターと両手のみの4箇所。 ギミックも背中のキャノン?と左腕の付け替えパーツのみです;; でもその分シンプルでコレはコレで良い感じですね♪

Warmachine_mk2_05

それにしてもこのウォーマシン・マーク2、めっちゃ写真映えするにゃ~~♪ 撮ってて楽しくなっちゃいましたw

でもやっぱりチャンスがあれば、アイアンマン・マーク2とウォーマシン・マーク3はいつか欲しいなぁ・・・と思いつつ、今はこのウォーマシン・マーク2をウェザリングして、劇中のマーク3のようにミリタリっぽくするかが悩みどころですね~;;w

| | コメント (10)

2018/03/17

留ブラ2049 TB CUSTOM Vol.3 完成END

2049_tb_custom_03c

■前回で加工部分は全部終わったので、今回は完成画像です~!

2049_tb_custom_03a1

2049_tb_custom_03b

▲この2049カスタムは以前カスタムをご紹介したZOSPESホルスター(←クリック)に入れて(あの記事からさらにエイジングが進んで飴色具合が深くなっております♪)、いつでも握れるようにそばに置いてますw M2019の方はTBアクリルケースに入れて棚に飾ってあります♪)

2049_tb_custom_03d2

2049_tb_custom_03e

▼前回のM2019と一緒に撮ってみましたw 上がM2019で下が今回の2049カスタムです♪ 肉眼で見ると2049はステアーアッパー部分が少し灰色っぽい色合いです。

2049_tb_custom_03g1

▼こちらの画像では下がM2019で上が2049です。 肉眼で見たり握ってみるとM2019の方がかなり迫力がありますね~♪

2049_tb_custom_03g2

▲前回のM2019と比べると10分の一以下の手数で、ほんの数日でカスタムが完了しました;w この2049カスタムでよければ商売にも出来そうですよ?w

しかしこれでデッカードブラスターをいじることも多分なくなると思うと少し寂しいですね・・・;;w 2049Kブラスターの良い物が発売されたらまたがんばるかもしれませんが・・・??

またいつかブラスター関連のカスタムをやることがあったらその時はよろしくね~♪

| | コメント (0)

2018/03/10

留ブラ2049 TB CUSTOM Vol.2

Vol.1からすっかり時間が空いちゃいましたね;;; カスタム自体は去年の内に完了しちゃってましたが、体調崩したりいろいろで記事にしていませんでした;;w

大体のコンセプト?はVol.1(←クリック)で書きましたが、なんとなくそれっぽくするけれど結局のところ、映画内のプロップ自体に共感できないので簡単にそれっぽく手を加えて終わろうという・・・身も蓋もないカスタムとなりました・・・;;;w

さて前回でネジの向きとトリガーガードをエイジングしたので、今回は以降の部分です。

●ココは前の「BLASTER TB CUSTOM」でもおなじみ、グリップフレーム前後の削り痕です。 2049のヒーロー?ではもっと汚く筆で描いたような感じですが、普通に削っておきました;;;w

2049_tb_custom_02a

2049_tb_custom_02b

●次にダミーカートです。 今回は実弾の物ではなくて、C-tec製44.SPECIAL空撃ち用ダーミーカートですね。 以前の物は実弾寸法で留ブラには入りませんでしたが、ブランド名を変えて新しく発売された物は無加工で入ります♪

2049_tb_custom_02c

▲僕はプライマー部分をシルバーにカスタムしていますw

●次はLEDスイッチにセレーションの溝を彫りました。 これも「BLASTER TB CUSTOM」(←以降「M2019」と書きます)でやっておりましたが、どうやら2049のヒーローも彫ってあるように見えるので・・・;w

2049_tb_custom_02d

●そしてココも必須のブルドックフレームのブルーイングの剥げ鉄色の再現ですねw 前のM2019で苦労した甲斐があって、なんだか手馴れてきて一発で仕上がりました~♪

2049_tb_custom_02e1

▲すごく淡く見えますが、コレくらいで抑えておくと組み上げた時に丁度良くなります♪(前回で学びましたw)

▼組み上げた状態。 ね?大分良い感じでしょう??w

2049_tb_custom_02f

●バレルです。 擦りまくって他にもあれこれしてピッカピカにして、ちょっとシルバーで汚して鉄っぽく見えるようにします♪

2049_tb_custom_02g

●次にエジェクションポートから見えるボルト部分ですが・・・前のM2019ではフルート部分を前後に延ばす為に削るなどしてブルーイングしましたが(←クリック)、今回はプロップ自体が留ブラベースなので留ブラ特有の短いフルートです。 なので塗装をした後に軽くエイジングをして完了ですw(ホンマ楽やわ~w)

2049_tb_custom_02h

●もう最後になりましたが、アッパーレシーバー部分ですね。 ココはひたすら擦るのみです!! その他にもいろいろやりますが、基本は擦りまくりますw

2049_tb_custom_02i

▲問題点は2049プロップよりもはるかに綺麗で、2019ヒーローのようになっちゃってる点ですね;;; でも肉眼で見ると色合いが2049寄りなのです・・・コレは次回にお見せする完成画像を見てもらえると分かると思います~??w

▼ボルトハンドルもピッカピカw

2049_tb_custom_02j

前回のM2019で培ったおかげか?最短で必要な部分だけを加工して、もう終わっちゃいましたね;;w ネジなども2049プロップが留ブラベースなのでそのまま。 お手軽にカスタム出来ちゃいます~!w

ではでは、次回で完成画像をお見せして終わりです;;w お楽しみに~!w

| | コメント (0)

より以前の記事一覧