カテゴリー「映画」の29件の記事

2016/01/10

『ガールズ&パンツァー 劇場版』観たよ~♪

Galpan_a

■大変遅ればせながら先日、「ガールズ&パンツァー 劇場版」を観てまいりました~!!(だってコミケで僕の周りで観てないの僕一人だったんだもん;;;) しかし劇場で映画を観るなんて何年ぶりだろう??;;w 大阪ではガルパンをやっている主な劇場は梅田と難波に1軒づつなんですが、難波のTOHOシネマズでは190席くらいのスクリーンで、梅田のブルク7では450席くらい。 これは当然ブルク7で観るべきでしょう!?と機会を狙っていたわけですが・・・さすがにあと10日ほどで上映開始から2ヶ月になるので、ブルク7でも230席ほどのスクリーンのシアター3に移動するみたいです;; 慌てて450席ほどのシアター1でやる最後の日の最後の上映回の席をネット予約で取りました~;w

しかし最初からかなりピンチに遭遇して・・・・いつもは梅田まで車で20~25分ほどで着くのですが、この日は何故か渋滞にハマって梅田に行くのに50分もかかり、劇場7階に着いたのが予約席の発券リミットのなんと2分前;;;;; おいおい;;どこのスパイ映画だよ;;などと思いつつ急いで購入手続きをして、なんとか無事にほぼ真ん中の良い席に座る事が出来ました~;;w

んで、驚いたのが先ほども書いたようにもうすぐ上映開始から2ヶ月になる訳で、なおかつこの上映回の時間が夜9時に始まって終わるのが11時半;;;下手すると終電も危うくなる時間なのに、4分の3くらいは席が埋まっています;;;; 予約する時にその翌日や翌々日の予約状況もほぼ満席;;; どうなってんだ!!??ガルパン人気;;w

映画の方はというと・・・うん! 面白かった!! 音はちょっと大きすぎて耳が痛かったけど、戦車戦も迫力満点だし、ストーリーも良い感じ♪ ちょっと僕的にんん??思ったのはアリクイさんチームがキャラ崩壊してたことくらいかな??;;w ねこにゃーは自信なさげで猫背なのに瓶底眼鏡をとると実は美人ってのが面白かったのに・・・;;; でもKV-2の装填シーンがあったのは僕的にすごく嬉しかったです~♪ 早くDVD化して何度も戦車詳細を見たいものですね~♪

印象的だったのが、僕のすぐ後ろの席に二人連れらしい野郎が座っていて、予告編が始まってもぺちゃくちゃ喋っておるわけですよ;;; すぐ後ろだからもろに聞こえてくるわけですが、片方が「今のところガルパンには大して興味が無い」とか言っとるわけです;;;; じゃあ何で今ここにいるの?? お願いだからもう静かにしてとか思いつつも、さすがに本編が始まると静かになって一安心w 映画が終わって、さぁ急がないと電車がヤバイ(行きのみ車で送ってもらいました;w)と席を立つと・・・位置的に興味が無いと言ってた方の人だと思うんだけど(確定ではないが;;)、目をこすっている・・・・泣いてますよ!?この人ーー!!! 連れの人も「泣いてるん??」とか聞いてるし;;; この人が今後ガルパンファンになると良いな~などと、生暖かい気分で帰途につきましたとさ;;w 帰り着いたら1時前でした~;;;

あと毎回劇場マナーが最悪な人がいて困ったエピソードをいつも書いてたと思うのですが、ガルパンでは本編が始まって以降、携帯を見る人間も目に入らなかったし、物音を立てる人間もいなかったし、大きな咳をする人間さえいませんでした;;w 僕ものど飴の包装を破るのに音がしないようにソ~~っとやるくらい皆さんの劇場マナーはすごく良かったですね~♪ そして完全に終わって照明が点くまで席を立つ人も一人もいませんでした!! これも皆さんの作品愛が成せる業でしょうか??素晴らしい~!!w

| | コメント (2)

2014/10/24

「ストリートファイター 暗殺拳」

Ryu_2

■かなり前に海外の予告編を見て以来、ずっと気になってた実写版「ストリートファイター 暗殺拳」をやっと見れました~♪ 題名の通りゲームのストリートファイターシリーズの実写版で、向こうでは15分のTVシリーズ放送だったらしいのですが、僕はてっきりアメリカ制作かと思ってましたが、イギリス制作のようですね? で、それを一本にまとめたものが日本でリリースされたので、レンタルで見たわけですw

内容はというとリュウケンの修行時代&豪鬼剛拳の修行時代の話といった感じです。 僕的には映像的に興味があったのですが、正直ストーリーは全く期待していませんでした;;w(今までの経験上;;;) ところがですよ!? これが中々に面白い!! ストーリーも豪鬼剛拳が想いを寄せる女性が出てきたり思いの外、良いドラマになっていたし、何よりも設定がかなり細部まで原作ストリートファイター(ストゼロ、ストII、ストIVに加えて公式アニメまで)の設定に非常に忠実でビックリするくらい細かかったりしますw 例えば修行時代の剛拳の構えがヘンテコだなと思ったら・・・そういえばストIVでの剛拳の構えはこんなだったと思い出したり、リュウケンの手甲の色がストIIで茶色だったのは免許皆伝?で剛拳の元から旅立つ時に餞別に波動に耐える手甲としてもらったりw(リュウの風林火山の帯もこの時にもらう) とか、リュウのハチマキの色がゼロの時の白からストII以降の赤に変わる理由とか、ケンが金持ちのボンボンという設定もちゃんと入ってるし、この監督、本当にストリートファイターシリーズが心底好きなんだなぁと作品愛を感じましたです♪

惜しむべきは最後に剛拳VS豪鬼までは入れてほしかったなぁ・・・・・できればどんどん続編を作ってほしいと思える出来でしたね~♪

▲上の絵ですが何年ぶりになるのか、久しぶりにリュウを描いてみました~w リュウスパIIXのOPデモのダッキングして真空波動?を撃つあのリュウが僕的に一番のリュウですね~♪当時スパIIXの基板買ったもんなぁ・・・w今でもどこかに埋まってる;;;) その前のストIIの時の無精ヒゲがなんかすんごくカッコイイ!と当時思ってましたですw あと当時は実写にするなら渡辺裕之さん(若かりし当時)がリュウのイメージにピッタリだなぁなんて思ってたなぁ・・・w(遠い目)

| | コメント (2)

2014/10/02

「ホワイトタイガー」

■今回は最近戦車LOVEな僕には公開前から気になっていた映画で、タイトルは「ホワイトタイガー」というロシア映画です。 架空で無敵の試作戦車?幽霊戦車?のホワイトタイガーT34戦車改で倒そうとする物語。 この映画の最大の売りはT34/85の実車がバンバン出てきて画面狭しと走り回る事♪

内容はというと・・・・・・好きな人には悪いけど、僕はすんごく置いてけぼりをくらった印象ですかね??;; なんといっても一番の主役?のホワイトタイガー戦車が・・・・・・・・ファンタジー??;;;w 劇中設定もおかしいんだけど、何よりどう見ても重戦車じゃない;;;; IV号戦車並の車体にティーガーIのでっかい砲塔が乗っかってる感じ???;w ツッコミどころも満載で冒頭のセリフで「IS2の砲撃でも装甲を抜けないのか・・・」と言いつつ「T34/85の改良型を作って倒すのだ」って・・・・;;;; おいおいIS2122mm砲で装甲が抜けないのに、何で遥かに破壊力の劣る85mm砲搭載のT34/85を改良して立ち向かわせるんだ???;;; あと少佐だっけ?が敵ドイツ軍のMP40を使ってるんだけど(何でPPSh41とか使わないんだろう??)、別に敵の銃を使っても良いといやいいんだけどその場合弾薬補給に難があるからあまりお勧めできない事だと思うんだけどなぁ・・・??;; 他にもいろいろとあれれ??ってところはあるけど、この映画はとにかく実動するT34/85がいっぱい出てくるのを見てフンスカする映画なんですねw 問題なのは結局ホワイトタイガーと戦うのは2回のみで、尚且つ決着もつかずに戦争が終わっても「奴はいつか必ず現れる」とかよく分かんないゴースト?扱いでサクッと終わっちゃうところ・・・・;;;orz

もっと一戦車兵が未確認の新型戦車に部隊を全滅させられながら1両生き残って、追われながらなんとか反撃して生き残るみたいな話だったら緊張感もあって面白かったんだろうなぁ・・・・変なファンタジー戦車じゃなく、初めてティーガーIIとかヤークトティーガーに出くわした時の恐怖とかねw もしくは史実に無いけど実は完成したマウスの3台目が・・・・とか?w(同じファンタジーならこの方が燃えるw)

とにもかくにも実動するT34/85は圧巻で、思った以上にうっすい履帯とか装填手が85mm砲弾を装填するところとか、操縦手、砲手の視界の狭さとか、T34/85の資料映像としてだけでもすごく価値のある映画だったと思います??w

| | コメント (0)

2014/09/25

吹田爆弾2014・01

■本当に久しぶりの吹田爆弾なのですが・・・・・実を言うと最後に吹田爆弾をご紹介した後も大阪イベントがある度に吹田爆弾をもらっていたのです・・・・・・が、お仕事の方が大変なのと心に余裕がなかったので、ずっと見ないままどこに行ったかわからない状態になっておりまして・・・・;;;;(吹田さんゴメン;;; &いつもありがとう~)

先日のコミトレ後の打ち上げ会?でも吹田爆弾を2本ももらっておりまして、これもいつ見れるかなぁ?などと思っていたのですが・・・・その内の1本の「ゾンビ・クエスト(原題「ZOMBIBI」)」がパッケージから裏の本編写真から僕的になんだかすごく面白そうなので思わず見てしまいましたw

201401b

結論から言うと・・・これも吹田爆弾らしからぬというか・・・・・すんげぇ面白かったよ!!w 同じ匂いのする映画で比べるとリメイク版「死霊のえじき」(←クリック)よりは確実によく出来ていて面白かったし、ゾンビコメディでは「ショーン・オブ・ザ・デッド」と同等レベルの出来だったんじゃないかなぁ??(←あくまで僕の私見ですよ?;w) ギャグとかは「ショーン」よりも日本人の僕には楽しかったし、映像もかなり良くて好印象でしたね~♪ 見終わった後もスッキリ感があって僕的にかなり好きです♪「ゾンビランド」よりは確実に好きw)

この映画はハリウッド映画ばっかり見ている僕には馴染みの薄いオランダ映画で、独特の雰囲気はあるけど全然大丈夫な感じですねw 「ショーン」に比べて全くの無名な映画だけど気軽に見るには僕的にかなり上位のゾンビコメディ映画だったと思いますw おすすめ~♪

吹田さん、ありがとう!!(吹田さん的に失敗??成功??w)

もう1本の方を見る気力は・・・・・・・・・orz

| | コメント (4)

2014/09/13

「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」

Cap

■久しぶりの映画の話題ですが・・・・今回は「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」です! これがね、実をいうと大して期待してなかったんですが、マーベル映画は大抵見ているのと、見てないと他の映画で何の事を言ってるのか分からなくなるので、とりあえず見ておこうくらいな・・・・;w しかしですよ!率直に言うとすんごい面白かったです♪ ここ数年で見たアメコミ原作映画では間違いなく(僕的に)トップ3に入るくらいw 観てる最中「おいおいどうした!?キャプテン、おもしろいじゃあないか!!?」とか思いながら、最後までダレる事もなく・・・おもちろかったぁ~♪

銃撃戦も、高い所から飛び降りる時も、カーチェイスも他のヒーローでは出ない緊張感や迫力が効果的に出ていて・・・・どちらかというと他のヒーローと比べると地味な印象のキャプテンの魅力がすごく引き立っていたように思いますね~♪ 銃弾が効いて、飛べなくて、反射神経と力と盾がスゴイだけのキャプテンがすごくカッコイイ映画でしたね~♪ 

・・・ただ、ウチの両親と一緒に観たので、「ブラックウィドウ」というのはこの赤毛のおねえちゃんの事ねとか、「トニー・スターク」「アイアンマン」「ブルース・バナー」というのは「ハルク」の事ねとか、「ニューヨークの一件」てのは「アベンジャーズ」の映画の事ねとか解説するのが大変でしたが・・・;;w

久しぶりに超~楽しかったです~♪

▲てか、なんか思わず“ラク描き”まで描いちゃったじゃないかぁ!!?w 今、お仕事超絶にヤバイのに~;;;;(いつもゴメンナサイ;;;)

| | コメント (2)

2013/10/19

OAKLEY METAL VAULT

Metal_vault_00

■今回は番外編といいますか、OAKLEY純正のメタルケースをご紹介しますねw 残念ながら四角いメタルケースは全て内部のスポンジが加水分解でボロボロベタベタになり、今ではスポンジの無い状態です;;(なんせ15年近く前の物なので・・・;w)

Metal_vault_01

▲これがROMEOなども余裕で入る大型のX-METAL用のメタルケースになります♪ X-METALシリーズは全モデル入るんじゃないかな??(X-METAL用なので、外箱にはX-METALシリーズの発売開始年の“1997”と書いてあります。)

Metal_vault_02

▲これはミディアムサイズでコレに入るのはX-METALシリーズではPENNYHALF Xくらい?だと思います??(スプリングヒンジのモデルは折りたたんだ時に横にはみ出ないのでw) このケースの裏には“1995”と刻印が入っていて、ひょっとすると18年前の物かもしれませんね?w(要するにX-METALシリーズが誕生する前からあったケースということになります。)

Metal_vault_03

▲これはE-WIRE用のメタルケースです♪ コレにもPENNYなどが入るので入手しました~w こういうコンパクトなケースは僕は大好きです~♪(このケースにも裏に“1995”と刻印が入っております。)

Metal_vault_04

▲今も売っている大小の丸型メタルケース。(大の方にはPENNYHALF Xが入ります) コレらの丸型ケースはコミケなどのイベント時にもう10年以上、筆入れとして会場へ持って行って愛用しておりますので、イベント会場で見た人もいるかもしれませんね?w

●あと関係ないのですが、先日「ブラックホークダウン」を久しぶりに見ていて、そういえばJULIETが目立つ映画といえば「X-MEN」のサイクロップスとこの「ブラックホークダウン」のフート軍曹で、両方共JULIET・X-METALフィニッシュ・RUBY IRIDIUMだったよね~と思い出していたのですが・・・

Xmetal_ruby_01

ふと気づいてしまいました;;;; 以前にも書いたと思いますが、最初のX-METALシリーズが発売開始になったのは1997年です・・・・もうお分かりですね?;;w 「ブラックホークダウン」で描かれるソマリアで実際に起こった“モガディシュの戦闘”1993年なんですよ;;;;; すなわちこの時代にはエリック・バナ演じるデルタ隊員のフート軍曹が着けているJULIETはまだこの世に存在していないんです;;;; なんかね~・・・・確かにサングラスくらいイイじゃんとも思うのですが・・・・かなり印象的に目立つサングラスなので時代考証が間違っているとちょっと興冷めしちゃいますよね;;;w(例えば二次大戦の映画にグロックが出てきたらドッチラケだよね??;;;w) そんなの映画の中にはごまんとあるんだろうけど・・・ちょっと調べれば分かる物なのに史実を元に描いた映画で目立ってしまうと・・・・なんだか悲しい;;;;orz(特に「ブラックホークダウン」は大好きで十回以上見ている映画ですからね~;;クスン;;;)

| | コメント (2)

2012/06/09

『エイリアン3完全版』

■「エイリアン3」はもう20年くらい前の公開時に劇場で観ました。 確か両親と観た最後の映画だったんじゃないかな?? ・・・といっても別に他界したとかじゃないですよ(⌒-⌒; ) 単に両親が劇場に行ってまで映画を見なくなったというか・・・;w DVDとかでは親父は今でもよく観てますし(一番最近は「リアルスティール」を見せたげましたw)

Alen3

▲20年ほど前の「3」劇場公開直前に「エイリアン」の新作早く観てぇ~っという情動で当時描いたエイリアンさまw 若かったなぁ~;w (初公開!?w 驚いた事にペン(Gペンかカブラペン)で描いてるよ!!? さすが20年前;w) 左が「3」バージョン。右が「2」バージョンですね~♪

その「エイリアン3」の感想は僕的には世界観は結構好きな部類だけど、リドリー・スコットの「エイリアン」、ジェームズ・キャメロンの「エイリアン2」に比べると・・・んん~~??・・・って感じ?( ;´Д`) (リプリーとニュート、ヒックス(戦って死ぬんならいいんだけど)が死んじゃう時点でねぇ・・・;;;) まぁ、でもこれがデビット・フィンチャー監督のデビュー作って、エイリアン・シリーズ凄いな!!w

んで、先日「エイリアン3完全版」なるものを見る機会がありまして・・・なんとなくボ~~っと見ていると・・・あれれ??こんなだっけ???とw(十数年ぶりで記憶が超曖昧;w) まず冒頭からしてリプリーを助けて運び入れるシーンとか、脱出ポッドを囚人と牛が引き上げてるとか・・・犬が消えて牛になってるとかw 囚人一人一人のキャラも立ってるし、最後も出てくるよ~と待ってたらそのままポチャンって;w(実はココが一番驚きましたw 3の印象って出てきて抱きかかえたままおさらば~だったので;;w これは別にあっても良かったような気も?w)

完全版の変更点で劇的に面白くなったか?と言えば、結局は大同小異ではあるんだけど・・・作品としての完成度は上がってると思うし、劇場公開版しか見ていない人は(かなり違うので)一度観てみるのもいいかもしれませんよ~?w

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2012/02/22

吹田爆弾2011&2012&ETC

■この時期は憂鬱な確定申告の季節なんですが、いろいろと揃わなくてなかなか進めることが出来ません;;; で、見るのを忘れていた吹田爆弾をまとめて見ましたよ?;;w

今回見たのは去年のお食事会の時に投下された物と年明けのコミックトレジャー打ち上げ新年会の時に投下された3本ですが・・・3本とも中途半端に面白くなくて・・・3本が3本とも主人公はじめ、どのキャラにも感情移入できず、ただボ~~~っと眺めているだけでした・・・(かなりの拷問指数;;;)

Dscf6820

▲まずは去年投下されて見るのさえ忘れていた「プテロドン」・・・・え~~っと・・・主人公うざっ!! う~~ん、つまんねぇ~~;;; ・・・・以上!

Dscf6819

▲そして「バイオハザード3077」「アンダーハザード」・・・・まずは「バイオハザード3077」だけど、ゾンビとか出てこない;;;; ストーリーは全く理解不能;;;; え~~っと・・・アレ??訳分かんない;;;;・・・・以上! で、「アンダーハザード」だけど、これはホントに一番吹田爆弾っぽいというか・・・チープすぎてどうしようもない感じ??;;w ゾンビがね・・・変なマスク被っててね・・・土色のマスクなんだけど、手がすんごい健康的な色してんの;;w ・・・あとはメイクにもなってないような汚しのファンデーション?をテキトーに塗っただけのとか・・・・う~~~ん・・・面白くなかった~(◎´∀`)ノ ・・・・以上!!

以前にも増してテキトーレビューなので、最近見たDVDの感想とか・・・;;w 「冷たい熱帯魚」予想してたよりも面白く無かったです;;;てっきり愛犬家連続殺人をかなり正確に再現するのかと思いきや、ラストには主犯を殺して大復讐;w 何故だか警察が現場に妻と娘を連れてきて(なんで??)、妻殺害後自殺。娘大爆笑・・・あ~~あ(萎);;; いっそ全くのオリジナルだった方がちゃんと見れたかも??;;;(韓国の「悪魔を見た」の方が僕的には評価高いです) 「127時間」は・・・辛い辛い辛い、痛い痛い痛い・・・痛ーーーーー!!!!!グッタリ;;;wって感じ?;w 「アジョシ」最後のナイフ格闘スゲーー!!w 韓国映画はやりきってて凄いなぁと思いますw 他にもいろいろ見たはずなんだけど、印象に残ってませんね~;;w あ、映画じゃないけど「ウォーキングデッド」日本語版で見ましたよ~♪ なぜかウチの親父様に大好評でしたw 早くシーズン2が見たいです~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/18

「BATTLE LOS ANGELES」

■用事で出たついでというか、気まぐれというかで「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を見て、つい先ほど帰ってきました~♪(最終のレイトショーなので1200円w)

やぁ~~、やっぱ3Dでなくても迫力のある映像はちゃんと迫力があるなぁと実感しましたねw 音の効果も大きいとは思うのですが、とにかく戦闘シーンはすごい迫力でした♪ といってもほぼ全編が戦闘シーンなんだけどね;w ストーリーもほとんど有って無いようなもので、とにかくエイリアンの強力な攻撃から逃れつつ、随時応戦しながら数人の民間人を連れて脱出するというもの。 で、臨場感?リアルさ?を出す為に兵士の視点でエイリアンを見ているので、エイリアンの形とかディティールはあんまり分からない感じです。(第九地区の記録映像っぽい感じ?w) しかし軍人さんってホントに大変なお仕事だなぁとか、こういう映画を見るといつも思います;;w でもラストの休憩ナシに弾こめてのシーンは「ブラックホークダウン」そのままなので、ちょいヒネリが欲しかったかな??w なんにしてもこの映画も先日の「トランスフォーマー」と同じで、劇場の大画面で見て、大音量で聞いてこその映画なので、ぜひ劇場で観る事をお勧めします~♪

関係ないけど、映画館から徒歩30分ほどの帰り道、なんとなくその気になってiPhoneで夜道を撮ってみました;w コンデジとかだったらカメラが精一杯露出を上げようとして明るく写るのですが、iPhone3Gのカメラ機能ではコレが限界なのか、かえって良い感じに暗~く写って雰囲気バッチリですね~;w

Img_0757

Img_0758

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/14

吹田爆弾2011・夏

■前回の冬のコミトレの時に猫井さん達の逆鱗に触れて焦った吹田さんが僕への吹田爆弾を渡し忘れてちょっと助かったと思っていたのですが・・・今回のコミトレでは前回のと合わせて3発も投下していきやがりました;;;; 正直3本見るのに今日まで時間がかかりました・・・・だって1本見る度に魂Lvがガクンと下がるんだもの・・・・;;;

今回の吹田爆弾「エイリアンX」「宇宙生物X」「スタートゥルーパーズ」の3本。 僕が見た順番はここに書いた順番です。・・・・結果で言うと一番マシなのを一番最初に見てしまったです;;;; ぎゃああああ~~~~~ん;;;;

Dscf6425

一応感想だけど・・・「エイリアンX」は結構良い感じでしたw 銃器もエイリアン2チックに全部手を加えているし、映像もまぁまぁちゃんとしてるし、意味不明なシーンはほぼ無いし、しょっぼい怪物も画面の暗さとかでなんとかマシに見せてるし・・・主役の女優さんにもう少し華があったら、結構良い感じの作品になってたかも~?w

最初に「エイリアンX」を見て、「なんだ吹田さん、また普通の持ってきて・・・ヤバげなのはタイトルだけじゃん」と安心したら・・・次の「宇宙生物X」は吹田さんの悪意を感じずにいられないモノでした・・・;;;;

「宇宙生物X」は今回一番酷い(強力な)吹田爆弾でした;;; もう意味不明シーンの連続と中学生の文化祭映像作品並(中学生に失礼か;;)。TV放映にも耐えられないくらい・・・(吹田爆弾でいつも思うけど、こんなのどうやって発表してるんだろう??) そして見てるだけでイライラムカムカしてくる不思議な展開・・・・正直キツかったです;;w

そして「スタートゥルーパーズ」は・・・・なんだろう??このエログロ人形劇・・・・・変にエロいシーンがあって、本番チックなシーンになると超ショボイ人形がヘコヘコ動きます;;;w そしてなんかよく分かんないストーリー展開・・・・妙に露出の多いフィットネスおねえちゃん・・・う~~ん・・・何か引っかかるぞ・・・・ そうか!ちょっとHEAVY METALで連載してそうなストーリーやデザイン設定なんだ!!w もっと映像が良い感じで、もっと狂いきってたら、かなりなカルトムービーになれたかもしれない怪作ですね~;w 最近つまんない世の中になってきたな~と思っていましたが、いまだにこういうのが存在してるのがちょっと嬉しい気もしますね~♪(けして面白かったという意味ではありません;w)

そんな訳で吹田さん、今回もアリガトね~。てか、そろそろこういうのいいから;; ひょっとして引っ込みつかなくなってる??;w

| | コメント (8) | トラックバック (0)