カテゴリー「BLADE RUNNER」の13件の記事

2017/05/27

留ブラPRO TBカスタム Vol.3

■今回も大掛かりなものではなく、簡単にできる部分のカスタムです。 って、いうかもうお仕事がヤバ過ぎてとても時間をかけてられないので、今回も以前にやってた部分を小出しにって感じですね~;;w

今回はブルドックのグリップフレームの上に更に被さっている、ブラスターのグリップフレームの加工というか見た目だけで、実物のプロップのグリップフレーム前後にある銀地部分を再現しましたw (留ブラPROはグリップフレームは黒一色です。)

Pro_tb_03a

▲まずは後ろの部分です。 今回はなんでこんなとこ削ってるの?と意味不明と思われるので、小さい実物画像を付けますね;;w (こうして見ると留ブラPROの方はグリップフレームとグリップエンドが繋がる部分の斜めカットが大き過ぎる事が一目瞭然ですね;;; ココは・・・“気にしない”しか手が無い・・・クスン;;;;)

Pro_tb_03b

▲こちらは前の部分です~w

・・・コレは多分ですが、当初グリップフレームもグリップエンドも真っ黒だったと思うのですが、ハリソン・フォードの手に合わせて削り込んでグリップフレーム下部とグリップエンド側面が銀地になったのだと僕は勝手に推測しています;w なんせ実物HEROプロップは拳銃2丁分くらいの鉄の塊なので相当重いと思われます;;、コレを片手で振り回すと変に角が当る部分などがあるとかなり痛いでしょうからね・・・・;;w (証拠に撮影前に作られたであろう、HEROプロップから型取りで作られたゴムプロップはグリップエンド部分の形状が違います。)

Pro_tb_03c

▲ココは・・・・正直組むとほぼ見えないので特にやる必要はないのですが・・・・一応ね、 実物がこうなってるので・・・;;;;w (それにしてもやっぱカスタム・アクリルグリップは綺麗ですね~♪ でも・・・コレは中古で安くゲットした物なのですが、前オーナーが閉め込み過ぎてネジ穴部分に微細なヒビが入ってます;;;orz ヒビに瞬接流し込んで見え辛くはしましたけどね・・・)

さぁ、そろそろネタのストックが無くなって来ましたよ??;;;w んじゃあ、また時間ができたらね~w

| | コメント (0)

2017/05/19

留ブラPRO TBカスタム Vol.2

■相変わらずお仕事は崖っぷち状態なのですが・・・;;w 今回はあまり時間を食わずに休憩程度で出気る範囲のカスタムです~♪(というか、ほとんど前回時にやり終えてた部分なんですけどね;w)

Pro_tb_02a1

Pro_tb_02a2

▲まずこれはブラスター上部のステアーライフル部分のボルトですね。 留ブラPROでは青みがかったシルバーの塗装なのですが、僕が目指す1981.Ver、つまり映画の中でデッカードが持っているブラスターHEROプロップでは銀色よりも黒っぽく(映像が暗いので余計に)見えるので、シルバーの塗装を剥がしてブルーイングしました。 でも真っ黒まで行かずにその手前くらいで留めてありますw もう一枚の画像はボルトカバー?チャンバー?に入れたところで、肉眼ではボルトはもう少し黒っぽく見えます;w

Pro_tb_02b

▲LEDボックスの左側の飾りネジ2本です。 留ブラPROではこのネジは全部真っ黒なのですが、プロップ同様に前の方の2段ネジの2段目のみペーパーをかけて銀地を出して、後ろの方はネジの頭のみペーパーをかけて銀地にしています。(この後ろの方のネジはワーコン公開時とその後のオークションに出る段階では、ちょっと変わってるような気もするのですが・・・???謎です;;w) しかしたったコレだけのネジ2本でブラスターの雰囲気がガラっとに変わるので、留ブラPROをお持ちの方はお勧めです~♪

Pro_tb_02c

▲実物の44スペシャルダミーカート(44マグナムではなく、44スペシャルという珍しいカートリッジ)にダミープライマーを入れて、そのままではモデルガン安全対策のインサートの影響でシリンダーに入りきらないので、弾頭をプラハンマーで叩いて1mmほど?沈み込ませて入れました。 設定上、ブラスターが実弾かどうかはよく分からないのですが(噂ではデッカードが弾をリロードするシーンがあったとか???w)、とりあえず映画の発砲シーンでは空砲を装填して撃っているはずなので、ダミーカートを入れてありますw 何よりカッコいいしね~♪

今回はここまで! カスタム箇所はまだまだ無数にあるし、現段階で僕には改修不可能な、でもすごく気になる部分も4~5箇所あってコレらをどうするか全くの未定です;;; でもかなり変だしなんとか改修したいんだけど・・・・一つは金型から変えないと無理な箇所だしなぁ・・・・・・・まぁ、おいおい考えていきます。 最終手段は・・・気にしない;;;;・・・・やっぱり手を出すんじゃなかったなぁ・・・・こうなる事は予想してたので、Vol.1でも書いたように長年放置でカスタムする気はなかったんですけどね・・・まさに迷宮地獄;;;w orz

では、またいつか時間ができたらね~;w

| | コメント (0)

2017/05/14

留ブラPRO TBカスタム Vol.1

■もうね、自分が愚か者だとはイヤというほど自覚はあるのですよ?・・・・お仕事が壊滅的にヤバイのですよ;;;大ピンチなのですよ・・・・;;;; そんな中で何をやっとるんだ!!??と、セルフツッコミ中なんですが・・・・;;;;orz

先日の「BLADE RUNNER 2049」予告編の記事で、ずっと飾ったままだった留ブラPROを降ろしてきて、写真を撮ったんですが・・・やっぱね、気になる部分がいっぱいある訳ですよ;;;; 留ブラPROはカスタムする気は無かったので、買ってすぐ飾ってそのままで放置していたのですが、触ってみるとまずはブルドック部分のマット地表面がとにかく気になって、そこからもう細部形状とか気になって気になって・・・・・;;;; それでも我慢して、アクリル製カスタムグリップに換えたり、実物の44スペシャル・ダミーカートを入れたり、ちょちょっと表面をエイジング処理するくらいに留めておいたのです・・・・・・がっ、・・・・・あれ?ココどうだったかな??とワーコンのヒーロー画像をチェックしてみたのが運のツキ;;w 出るわ出るわ気になる部分のオンパレードで・・・・そこからついつい留ブラPROをバラして確認してしまって・・・・・;;;;; もう迷宮に迷い込んで出口が見えません;;;;;w

▼そしてとりあえずはブルドック部分の表面を擦りまくってしまって・・・・・・

Pro_tb_01a1bjpg

Pro_tb_01b1bjpg

▼結果、右手親指に穴が開きました;;;w ぎゃあああああああああ~~~~;;;;;

Pro_tb_01cjpg

もう一度言いますがお仕事めちゃくちゃヤバイんです;;; 大ピンチなんです;;;;; はぁぁぁぁぁ~~~;;;;;;orz 誰か助けて;;;;

・・・・そんな訳で次はいつになるか見当もつきませんが、またいじる時間ができたらご報告しますね~w はい、仕事します;;;w

| | コメント (6)

2017/05/10

『BLADE RUNNER 2049』予告編(5/12:下に追記あり)

■今日、偶然に「BLADE RUNNER 2049」の予告第2弾をYouTubeで見まして・・・・ 新ブレードランナーの映画を作ってる事は聞いていたのですが、映像を見たのは初めてだったんですよね~;w

03

で、前から新ブレランのブラスターが角っ角な未来デザインだったらどうしよう;;;とか、まさかシドミードブラスターかも?とか笑っていたのですが・・・・予告編にはしっかりと赤いランプが2つ並んだあのブラスターが!!! そして年老いたデッカードの手にもあのブラスターがぁぁ~~~!!!

04

日本公開は10月27日!! 何年ぶりかで絶対に劇場に観に行くと決意した映画が来ますよ~~♪ つまんなくてももういいかも??;;w とにかくブラスターを堪能できて、どこかのメーカーが超精巧な2049バージョンブラスターを発売してくれればw (でも心配なのはこれで版権問題が確定するので、今までのように古いブラスターもおいそれと出せなくなっちゃうんだろうなぁ・・・・;;;;)

5/12追記:コメント欄でPIROさんとメールでZOSPECさんに教えてもらったのですが・・・・「2049」のブラスターは留ブラ・リテイラーエディションを元にしたプロップなんだそうです;;;; 今回のこの写真が留ブラPROというモデルで、コレの細部形状を改修したのがリテイラーエディションなのですが・・・・つまり日本の玩具メーカー?が作ったモデルガンのような物ですね。 プロップはそれの見栄えを金属っぽくしたりしたのでしょうかね・・・・??;;;;

元の「ブレードランナー(2019)」では実銃のステアーライフルのチャンバー部分とブルドックというリボルバー拳銃を組み合わせてカバーや電飾、琥珀色のクリアーグリップなどを付けた、伝説のプロップガンなのですが・・・・・・・。 (このヒーロープロップを落札した人に連絡を取って「2049」に使わせてもらうわけにはいかなかったのかなぁ?? ワーコンバージョンから1981バージョンに改修するとしても、僕だったらかえって嬉しいけどなぁ?? ワーコンバージョンってなんか不自然に見えるし・・・(←超私見です;w))

今回の「2049」では日本の玩具がべースな訳で・・・・・・夢が・・・ロマンが・・・・;;;;;orz すんごい冷めた目で映画を観てしまいそうです・・・・・;;;; つい数日前に劇場行く決意MAXでしたが・・・・かなりの勢いでDVDでいいかな??とか思っている自分が悲しいです;;w (PIROさん、ZOSPECさん、教えてくれてありがとねー♪ あとで知ったら余計にショックだったよ;;w)

| | コメント (6)

2010/03/31

ZOSPECLAND ブラスター用ホルスター

■このブログでもLINKさせていただいております、HWS製M2019CSブラスター用超高精度カスタムパーツを製造販売しておられる、ZOSPECさんの最新作「ZOSPECLAND ブラスター用ホルスター」が先日ついに完成、第一ロット6個が販売されました!! 僕も運良くゲットできたので、ご紹介させていただきますね~♪

ZOSPECブランドカスタムパーツはいつもパッケージからすごく凝っていて、開けるのが楽しみであると同時にちょっと開けるのがもったいなくなるというが待っていますw(←誉め言葉ですよ?w) そして今回もやってくれました!!

まず、いつもの“ZOSPEC ARMORY”からわざわざブランド名“ZOSPECLAND"に変えてあるところから、すでにやりすぎですよねw(←誉め言葉ですっ!w) そう!映画「BLADE RUNNER」の主人公デッカードブラスター用ホルスター“SAFARILAND”の古いホルスター改造した物を使っているところからの命名ですw

このZOSPECさんのブラスター用ホルスターはもう何年も前から何回も試作を重ねてきた物で、ZOSPECさんのHPにあるだけでも8回試作をしているようです、その後も何回かの試作を経て今回の完成版となったそうで、正直に言ってしまうとですね・・・やりすぎだっっ!!(←誉め言葉ですったらっw)

Zospecland_01

さて、家に届いたダンボールを開けて、まず目に飛び込んでくるのがこのパッケージ!! イ、イラコバ!!??(往年のガンマニア感涙ですね!?w) いきなりカウンターパンチを食らいながらも、パッケージを開けてみると・・・

Zospecland_02

ばばーーん!! ZOSPECLANDロゴマーク入り巾着~~!!! やりすっ・・・もういいや;w なんでもこの巾着ZOSPECさんのお母様手作りだそうで、お母様パッチワークの先生をしておられるそうで、ある意味プロ作品です!w そしてロゴマークZOSPECさんの手によるシルク印刷だそうです!!?? (実は小ロットでやってくれる所があるのならTB PENの時などに使えるように、業者を教えてもらおうと思ってましたが・・・まさかZOSPEC一族製だったとは・・・w) ていうか、この巾着だけでもめちゃめちゃ出来が良いんですけど・・・(^^;)

Zospecland_03

そして巾着から出して、やっと本体ホルスターとご対面・・・と思ったら、ベルトループ部分に何やら・・・L○e!!?? またやられた!!;w もう、ホントに・・・やりすぎだーーー!!! どんだけ購入者を喜ばせようとしてんだ!!?? アンタ!?(超誉め言葉!!w)

Zospecland_04

そんな感じでやっとこさ本命のホルスター本体です!! こ・・これをハンドメイドで何個も作っちゃうなんて・・・すげえ!!!

Zospecland_05

ロゴマーク焼印も綺麗に入っております~♪

Zospecland_06

そしてこのコバ面!! 綺っ麗ぇ~~♪

え?ブラスターを入れたホルスター画像が無い?? そんなもん!もったいなくって入れれませんよっ!? 少なくともこのホルスターに見合うブラスターを手に入れるまではね!!;w そんくらいこのホルスターは半端無い素晴らしい仕上がりです!!

そんな訳で第ニロット以降も増産すると思いますので、興味がある方はZOSPECさんのHPチェックしてくださいね~♪

http://zospec.com/

Zospecland_07

最後に・・・おまけとして?お手入れ用オイルが入っております♪が、それにさえこんなシールが;;; だから・・・や・り・す・ぎっっ!!(もっちろんの誉め言葉ですよーw)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/02/06

電池式時計

■先日の日記に書いたとおり、いろいろとやらないといけない事をちまちまと進めているので、ブログに書くような事が何もありません;; そんな時はいつものように目に付いた物を写真に撮ってお見せする事にしませう~~;w

僕は自他共?に認める機械式時計好きなので電池式時計はあまり持っていないのですが、電池式の中にもカッコいいと思う物はいくつかあって、その中でこれまでにゲットできた物をご紹介w

●まず最初は電池式の中で僕が一番欲しかったのはコレ!!っていうくらいカッコイイ!!の塊ブローバアキュトロン・スペースビューです!! この時計の為にタイトル「クォ-ツ式時計」と題する事が出来ませんでした;w というのも、この時計音叉式という珍しい方式の時計で、耳を近づけるとプーーというが微かにします♪ (この他ではオメガの物が有名ですね)

01

01b

▲この時計時刻を合わせるリューズが一般的な時計のように横には無く、裏面に配置されています♪ もう何から何までカッコ良すぎですね~w 唯一の難点は電池の消耗が早くて、使うのはめんどくさいのです;;

●お次はもう十数年前甲冑娘油ち隊長を誘って一緒に購入した、シェルマングランドコンプリケーションです。 当時はもうとにかくミニッツリピーターが欲しい!! けど、機械式はとても手が出ない;; という事でこの時計を買ったんですね;;w ギーシェ彫り文字盤もすごく綺麗でお気に入りの時計でしたが、スピードマスター1stレプを購入した事で箱入娘状態に・・・;;;

02

▲購入当時は意味も無くミニッツリピーターで時刻を確認したりしてましたw(何度も;w) ちなみにブレスシェルマン純正です~

●そして、以前の時計の記事のコメント欄で書いた事があるのですが、トリチューム(放射性物質)の影響が恐くて使えない、ルミノックスステルスです;w(僕の“使う”は顔を洗う時と風呂の時以外、寝る時も着けっぱなしという事です) しかもこれはUSバージョンなので、日本バージョン10倍トリ-チュームだとか・・・?? こわっ!!;;

03

▲とにかくミリタリーチックでカッコいいデザインですね!w コーティング青く光るガラスもすごく良い感じです♪ そして電池寿命10年なので、もう6~7年ほど?前に買ったと思うのですが、まだまだ元気に動いております! そしてそして最大の売りのトリチューム暗闇不気味にカッコよく光ります!! (コレを着けてナイトサイトを付けた1911暗闇で構えると良い感じにボヤ~っとオレンジの光が見えます;w)

●そして先日ご紹介したMICROMAですねw 詳しくは以前の記事(←クリック)を見てくださいね~w

04

▲とりあえずチンタオショットグラスと一緒にw あの記事以降、すごく正確に時間を刻み続けておりますよ~♪ デジタルとはいえ、30年以上も前の時計がこんなにしっかり動いてくれるとは思ってもみませんでした~♪

05

▲4つを並べてみましたw

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/11/23

デッカード・ウォッチ

■先日の留ブラの記事の時に“ある物をゲットしたので”と書きました。 それと一緒に写真を撮りたいので、留ブラを作り始めたと・・・でも、記事を見てもらうと分かるとおり、留ブラはこれから先、気の遠くなるような改修を繰り返して、完成までにどれくらいの時間がかかるのか全く予想もつきません;;;w なので、その“ある物”を先にご紹介しちゃいますね~(^^;)

タイトルを見れば一発で分かるとおり、映画「BLADE RUNNER」劇中デッカードが着けている時計ですw

この時計は数年前に数人の方々が記事にしてくれて正体が分かったのですが、70年代後半デジタル時計“MICROMA”といいます。 僕も正体が分かる前からDVDコマ送りスローで見たりデジカメで写真を撮ってアップで見たり研究をしておりました;w(でも不鮮明でメーカー名など全く分からず;;;) なので正体を発表してくれた皆さんに本当に感謝しました! そして探しまくりましたw (なにせ30年以上前今は無いメーカーデジタル時計です。当然全く見つからなかったのですが・・・;;)

でも、発表した皆さんがこれがデッカードの時計だ!!と載せている画像を見た時に、確かにこれに違いないんだけれど・・・僕には何かイメージが違うような気がしたんです・・・;; 僕が劇中のデッカード時計の画像をデジカメで撮って、穴があくほどにらめっこしていた、あの時計と・・・・。

なんか違うとずっと疑問に思っていたのは、本体ケース、文字盤の周りの平面の部分の幅が広過ぎるような気がするのと、何よりも文字盤上下の装飾が妙に違和感があったんですね(^^;) 僕のイメージではデッカード時計本体ケースはつるんとキレイなカーブをしているイメージだったんです。

Microma_04b

▲このタイプ3つボタン(調整用含むと4つ)バージョンが皆さんがデッカード時計と発表しているMICROMAです。イーベイの画像を加工しています;;)

Microma_05c

映画中のデッカードの時計。 う~~ん;;のようなは見えま・・・せん??;; DVDからの不鮮明な画像なので、ブルーレイなどで見ると、ひょっとするとが見えるのかもしれません;;w なので、これはあくまで僕のイメージのデッカード・ウォッチとしてのお話です;w)

で、そんな事を思いつつ、当然ながらMICROMAは欲しいのでずっと探し続けていましたが、できる事なら装飾溝の無いモデルが欲しいなと思っていたんです。

そして、やっと手に入れた初めてのMICROMAは・・・溝の無いモデルでした~♪ やったーー!!!と思ったのもつかの間、この個体はシルバーだったんですね;;;w(デッカードのもシルバーに見えるカットもあるような・・・??? ↑画像右上とか・・・;w)

そんな訳で・・・・改造だーーー!!!w

ムーブメントを取り外して、プッシュボタン本体ケースから外して、最後は風防も無理矢理外して・・・完全分解の後、メッキ工房へ出して、プッシュボタン金メッキを。本体ケースブレスブラックメッキを施してもらいました!! その加工処理が仕上がってきたので、傷をつけないように注意しながら組み上げていきます。

で、完成したのが↓コレw

Microma_01  

▲もったいぶって純正展示用ケースの蓋を閉めた状態からw

Microma_02b2

じゃじゃーーん!! ご開帳~~~♪

これが僕のイメージのデッカード・ウォッチです!!!

Microma_02a2

もちろんちゃんと動いていますよ~♪ 裏蓋を開けてみて電池が腐っていたのを見た時は、さすがにこれは動かないだろうと思っていたのですが・・・出来る限りの分解掃除をして、電池を換えてみるとしっかり動いたのでちょっぴり感動しちゃいましたw この子はいったい何年(何十年?)ぶりに動いたんだろう??ってw

Microma_03b

▲右下のプッシュボタンは普通のクロノグラフではストップウォッチリセットボタンなんですが、MICROMAでは・・・・ライトだったりしますw (しかもこの子はちゃんと光りますー!!w)

そんな訳で、時計の方を先にお見せしちゃいましたが、なんとか留ブラを完璧に仕上げて、一緒に写真に撮れたらと思っております・・・・・・

・・・・・何年後か??に;;w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/15

留之助ブラスター製作記①:補足?

■先日の留ブラ製作記①コメント欄マガジンハウジング小ネジの台座の素材についてJOKERさんと語り合ったりしておりましたが、やっぱり答えは出ないし・・・どうすればいいかなぁと悩んでいたのですが・・・ふと思い立ちまして・・・

いや、先日から書いているようにホントに冬コミケ用の原稿は半端なくヤバイのです;; こんな事やってて間に合わなかったらどうすんだ!?と思いつつ、思い立ったらもうやってみないと落ち着かないといいますか・・・;;w(←超言い訳;;)

そんな訳で、小ネジの台座か何かで製作しようか悩む前に留ブラ純正パーツブルーイング処理であんな錆色に出来たらいいんじゃないの?と・・・

で、やってみました!!!

01_08a

▲結果はこんな感じ♪ 自分ではかなり良い感じの錆色になったと思うのですが・・・w(右の画像がワーコンでのヒーロー小ネジ) JOKERさん、こんな感じでどうでしょ~?w

●ところで僕はこの留ブラワーコン版のヒーローの再現にしようとは思っておりません;w どちらかと言うと1981バージョンを目指しておりますが、キレイ過ぎるのもいけない・・・なので、やはりワーコン1981Verの中間、つまり映画の劇中くらいが理想でしょうか?w そんな訳で右側のネジウェーバースコープのネジではなく(実物持ってますが;w)マイナスネジにするつもりです。映画中でもマイナスネジしか確認できませんし、もちろん1981Verマイナスネジです) なのでココ錆色に拘る必要は無いのですが、何だかココに何かしらの“色”が無いと妙に落ち着かないので、ココ素材もわからない事だし、錆の茶色を再現したという訳です。(真鍮説も捨て切れない;w) 小ネジの台座、一箇所の説明だけでもこんなに字数が要ります・・・ホントに完成するまでにはものすんごい大変な道のりが待っていますね~~;;;w)

それでは、今度こそ原稿に専念しま・・・・・

いやいやいや;;・・・しないと間に合わないって・・・・・;;;

うああああああ~~~~~~~・・・・;;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/05

留之助ブラスター製作記①

■正直に申しますと・・・エルフィンナイツ製留之助製キット版ブラスターを買ったはいいけれど、組み立てる気はほとんどゼロに近いものでした・・・;; というのも、僕はステンレス、アルミを削ったり、ブルーイングなどは結構燃えてがんばるのですが、プラに塗装をして金属風に見せかけるという時点で萎え萎えになってしまうのです;;; (「零戦を作る」がなんとか続いているのも金属製だからでしょう;w) といってもプラが嫌いという訳ではなく、それを他の素材に見せかけるのが嫌いというか・・・萎えるのです;;;w

そんな訳で、留ブラが凄い出来なのは分かっていましたが、ブルドッグ部分を塗装してとか考えるだけで・・・いつの日か~;;;とか思っていたのですが、ちょっとしたきっかけで作り始めちゃいました;w

その理由の一つが、先日発売&即完売留ブラ・アーティストプルーフは先に発売したキット&完成版とは違って、グリップフレームグリップエンドアルミ削り出し新規製作をしていて、その時の余剰分パーツ留之助さんが販売したのですが、それを運良くゲットできたのです!! で、そのアルミパーツ琥珀グリップに合わせて形状削り出していかなくてはいけない、素人さんお断り仕様でして・・・;;;(凄い商品だ;;;・・・「零戦を作る」ほどではないけれど;;;) なんかそれを見てたらうずうずといつもやってるようにヤスリを持ってきてごりごりやりたくなってきまして・・・(^^;)

http://tenshu53.exblog.jp/9115327/  ←アルミパーツ元形状はこんな感じ;w(留之助さん、URL貼付け許可ありがとうございます~♪)

もう一つの理由は今はまだ詳細書きませんが、ある物ゲットしまして・・・それをブログでお見せする時にブラスターと一緒に写真に撮りたいな~とかw (気の長い話;w)

そんな感じでやり始めたのはいいけれど・・・これは想像以上に大変な作業になりそうですよ??;;(「零戦を作る」ほどではないけれど;;w)

01_01a

01_07

▲とりあえず今回ゲットしたグリップフレーム削り始め。 上の方など綺麗に丸くするのはすごくしんどかったです;; 全部削り終えても、その後にアルマイトテフロンコートなど表面処理をしないといけません・・・更にその後、下の方を削って加工跡の再現も・・・;;; めんどくっさ!!

01_04b

グリップの形が違うのか、グリップフレーム形状がこうなのか?ヒーローの画像では判断できませんが、とりあえずグリップグリップフレーム上面面一ではなく角度が違うので(元パーツは面一に出来てます)、コレを再現しときました。 (あとヒーロー右グリップ上面微妙なカーブ形状をしているんですが、留ブラグリップ(エルフィンナイツ製も)は平面なので、これは後々グリップ全体形状修正の時にやるつもりですー。)

01_02

▲そしてキットを久しぶりに出してきてチェックしたらバレルが・・・ぎゃあああああああ~~~~・・・錆の塊に・・・;; (一度も袋から出していません;;もしもキット版ご購入の方がいらっしゃったら一度チェックしといた方がいいかも??;w)

01_03

▲そんな訳でポリッシュしてブルーイング エイジング作業はレシーバーなどの仕上げに合わせるので、今はこの状態で放置。 とりあえずから守ると言う事で(^^;)

01_05b

シリンダー「A」刻印ダミーカート古仕上げ;w 時間が経ったらもっと落ち着いた感じになってくるでしょ~♪ (もっとリアルなのが欲しいなぁ・・・RIGHTとかが44スペシャル作んないかなぁ・・・)

01_06b

▲あとフルートカーブのイメージが何か違うので削りました~。 (←まだ途中ですが;w)

これ以上は冬コミケ用入稿が終わってからじゃないと・・・それでなくても間に合うか、かな~りヤバイ感じなので~(^^;) そんな訳で次のブラスター製作記事がいつになるかは分かりませんが、何か進展があったら~~;w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/30

留ブラnano・キット版

■先日の「留ブラnano」の記事に追記として、第2期生産があって、完成版100個、キット版100個の販売があると書きましたが、予想以上の売れ行きだったらしく、完成版、キット版共にほんの数分で売り切れたそうです。 完成版に至っては100個がわずか1分で完売だったとか・・・;;;

http://tenshu53.exblog.jp/8494386/

第1期販売の完成版200個(ハリコレでも200個)の時は僕は予約開始後、数時間経ってから、注文しましたが普通に予約できたのですが・・・・;;w

そして、昨日キット版が届きましたーー!!

Nano_01

早速見てみましたが、思ったよりも一体成型なんですね?w どうやら本体とレーザーサイト?部とグリップの4パーツのようですw しかしこの抜きは本当に素晴らしいですね~♪

Nano_02

いつか時間を作ってこのキット版をヒーローに近い感じにカスタムできると良いのですが・・・

その前に留ブラ(フル)キット版を組み立てれ!?Σ(;・∀・)

| | コメント (10) | トラックバック (0)