« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020/06/25

G-SHOCK GST-B200

■最近の大阪はコロナの新規感染者が2~3人づつ出ているものの、若干は落ち着いているように見えます? しかしウチはまた家族が入院ということになってしまいまして・・・多分、もうすぐ退院となるとは思うのですが・・・?;; 何にせよ、いただいた特別給付金も入院費用に吹っ飛んでしまいました・・・あと健康保険料とかね;;

そんな感じでお金が全然無い金欠状態なのですが・・・つい先日にも書いていたG-SHOCK GST-B200を買ってしまいました~;;;w

Gstb200-01

この時計も先日ご紹介した、GMW-B5000(←クリック)同様にスマホとのBluetooth接続で時刻合わせや時計本体の設定が行えます♪ そして前回書き忘れたのですが、このスマホと連携したG-SHOCKのボタンを押す事でBluetoothが届く範囲でスマホが何処にあるか、スマホ側で音を鳴らして探索する事が可能です!!(接続モデル全部が出来るか未確認ですがGST-B200前回のGMW-B5000可能です♪) 何処に置いたかな?という時にこの機能は嬉しいですねw 僕も無駄にiPhone鳴らして遊んでしまいました;w

Gstb200-02

GST-B200で僕が特に気に入っているのが、ソーラー充電残量が一目で分かるパワーリザーブインジケーター(バッテリー残量計)です! ソーラー充電のG-SHOCKではいつもどれくらいの充電残量があるのか不安というか、分かれば良いのになと思ってました。 MRG-G1000(←クリック)は大好きな時計なのですが、一番気になる点がこのパワーインジケーターが無い所なんです・・・24時間計が2つもあるのなら1つはパワーインジケーターにしてくれれば完璧だったのにといつも思っています;;w

Gstb200-04

▼ライトは針と文字盤を照らすLEDと液晶を発光させるLEDがそれぞれ付いているので非常に見やすく、この点も気に入ってます~♪

Gstb200-05

▼今回のGST-B200は前回のGMW-B5000のノーマルモデルよりもお安く入手できるのですが、僕自身の私見ではGST-B200の方が満足度が高いと思います?(完全に僕の好みの問題ですが;;w) GMW-B5000の方はかなり高価な限定モデルがあるなど、初代G-SHOCKへのオマージュ的な意味合いが強く、最近の多機能性や高級感のあるデザインではないので比べる観点が違うのかもしれませんね?

Gstb200-06

▼最後にMRG-G1000も並べてみましたw この3本ではフルチタンのMRGが圧倒的に軽いです♪

Gstb200-07

GST-B200MRG-G1000では価格差が10倍以上になります。 それを考えるとGST-B200のコストパフォーマンスはかなり良いのではないでしょうか?

| | コメント (6)

2020/06/09

悪役令嬢マンガ(追加)

■先日に続いて悪役令嬢モノのコミックですが・・・おもしろい作品がちらほらあって、先日も書いた「ラスボス」の他にも「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」(長い;;)と「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」の2作品がかなりおもしろいと思いました~♪w

この2作品は両方とも悪役令嬢お約束の転生モノではありません;w 「ツンデレ」の方はとにかく悪役令嬢リーゼロッテ嬢の可愛さをみんなで愛でようって感じで、「最後に」の方は超武闘派令嬢がひたすら悪いヤツ?気に食わないヤツ?を殴りまくるって内容です!!w 強い女性が大好きなワタクシには最高なマンガですね!w 実はツンデレの方でもゲームの主人公キャラの少女が何故か超武闘派でマウント取って上からゴスゴス殴るとかやってるんですがw 両方ともまだ1巻しか出ていないので続きが非常に気になりますね~♪

それにしても最近は僕の大好物の女子格闘モノのマンガが無くて?寂しい限りです・・・今読んでるのは「バトゥーキ」くらいですかね?(女子格闘じゃないかな?;w)・・・やっぱ「鉄風」「ハナカク」の続編が読みたいなぁ・・・「早乙女選手ひたかくす」は終わっちゃったし。 あとは「はぐれアイドル地獄変」の最近の5冊くらい?が格闘トーナメントやってますね♪ 他にもご存知の方がいたらぜひ教えてくださいね~!w

| | コメント (0)

2020/06/04

最近のお気に入りマンガ

■先日の記事でアニメの「はめふら」がお気に入りと書きましたが、そのコミック版を読んでみようと「悪役令嬢」で検索して驚いたのですが・・・この「乙女ゲームの悪役令嬢」は一つのジャンルのようで、結構な数の作品があるみたいなんです!? いくつか読んでみた作品では悪役令嬢とゲームの主人公キャラが転生者で、悪役令嬢を断罪する攻略キャラは愚か者ってパターンが多いようですね?;;w 「はめふら」では登場キャラのほぼ全員が良い人で、ゲーム本編前の子供の頃から始まるのは珍しいようです? 「はめふら」のコミック版は原作ノベルの絵担当の方がコミック版も作画担当で凄く良いのです~♪ あとこの「はめふら」破滅寸前編という、もしもゲーム開始直後?くらいに前世の記憶が蘇ったらというスピンオフも僕的にはかなりおもしろかったですね♪(本編もコチラも早く続巻が読みたい~w)

そしてその悪役令嬢モノ?で僕がいくつか読んだ中で凄く気に入ったのが「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」のコミック版です!! ストーリーも作画もすんごく良かったです! これは全3巻なのかな??ゲームで言えば綺麗に終わっているのですが、僕が読んだ悪役令嬢モノは「はめふら」含めゲームの続編に突入している物ばかりで、この「ラスボス」も原作ノベルは続いているようなので、コミック版もぜひこのまま続いて欲しいですね~!!w

それともうかなり前にお気に入りマンガとご紹介した「その着せ替え人形は恋をする」「やんちゃギャルの安城さん」、あとは「古見さんはコミュ症です」の万場木さんなどのギャル物ですが、またまた良い感じの作品がありました~♪ タイトルは「道産子ギャルはなまらめんこい」です!w これもやはりギャルとまじめ君のラブコメですねw

あとは上半身裸のマッチョおやじが主役の「ライドンキング」とか早く続きが読みたいです~!w

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »