« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/28

TBSP002、まぐれ~♪

■なんだか世の中いろいろとありますが・・・特に先日の京アニの放火殺人事件はあまりの事に言葉が出ないほど・・・・ともかく、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、今も生死の境で闘っておられる方々の一日も早いご快復を心より願っております・・・・。

●話がガラっと変わりますが・・・この前ご紹介した、APS-3 TBSP002(←クリック)で練習撃ちしてたら(ダットサイトはスイッチがめんどいので外してアイアンサイトで撃ってます;w)、超~~まぐれの結果が出せたのです~♪ 距離は約5mで太丸部分が22mmのフロンティアさんのターゲットペーパーに10発撃ってます;w(本来は2分間に5発をX2回だけど、多分2分間くらいで10発撃っちゃってます;;w) 弾はBATONの0.28gバイオBB弾。

Tbsp002-21

▲自分でもビックリだけど、なんと10発中8発もX丸圏内ですよ!!? まぁ太丸圏に外した1発は仕方ないとして、大きく下に外したギリ8点圏1発が悔やまれますね~;;;

Tbsp002-22c

・・・・いつか全部X丸満点を取れる日は来るんだろうか??w

| | コメント (2)

2019/07/06

KSC AP200SB

Ap200-01

■先日にAPS-3カスタムのTBSP001(←クリック)TBSP002(←クリック)をご紹介しましたが、今回は中々手に入らない?KSCのAPSカップ公式認定銃のAP200SBがゲットできたのでご紹介しますね~!!(ゲットしたのはTBSP002よりも前なんですが・・・;;w) 機構はAPS-3のコンプレストエアーと全く同じもので、下部にあるレバーで空気を圧縮してBB弾を発射します。 KSCさんというと、日本のトイガンメーカーの中でもトップクラスの精度の高い造形で、正直僕はAP200にすんごく期待しておりました! トリガーブロックもスチールなどの素材が使われていて非常に切れの良い作動感が味わえるんじゃないか??などと・・・・;w

▼トリガー部分はブロックユニット状になっていて、2本のピンを抜く事で取り外して細かい調整が出来ます!

Ap200-05

実際に届いて見た感じもすんごく綺麗で精密な外観です~♪ (グリップはすでにカスタム済なので純正のままではありません;;w 純正は真っ黒。)

Ap200-02

Ap200-03

Ap200-04

Ap200-06

超~~期待しつつコッキングレバーを起こしてトリガーを引いてみると・・・・ポフン・・・・んんん??? コッキングレバーを起こす→モニュン、トリガーを引く→ポフン・・・。 あれれ???;;;; コンプレストレバーも操作してトリガーを引いてみる・・・パスン・・・・;;; ・・・・おふぅ・・・・;;;; なんだろう??この全く切れの無い作動感・・・;;;

APS-3ではコッキングレバーに相当するアッパーカバーを起こすとクキンっとコックした感触があって、トリガーを引くとパチーーーン!!と小気味の良い音が響きます♪ そしてAP200SBよりも軽い動作でコンプレストが出来て、撃つとパーーン!!を空気を切るような非常~~に良い音がするのですよ♪

AP200実射性能はさすがの公式認定銃なので全く遜色なくい性能ですね!!

Ap200-08

▲証拠に10発撃ってみた結果です。 外してるのはワタクシの腕が未熟なせいです;;w 距離や弾などの条件は以前のTBSP002と同じです。 ちなみに初速は0.2gマルイBB弾でTBSP001とTBSP002が86~87m/s台でAP200SBが85m/s台でした。 大して変らないねw

しかし・・・何だろう??・・・この切れの無い作動感と音は・・・・;;;;

その他にもちょっとアレな部分があって・・・・給弾時にマガジンフォロアーが引っかかる溝が浅すぎて、ほんの少しBBボトルが触れただけでもパチーンと落ちるので、非常~~に給弾しにくいです;;; コレはマガジンの溝とグリップを削る事でしっかりと固定できるので、加工すれば解決できます;w

Ap200-07

▲僕はこの画像のように加工してしっかり引っかかるようにしております♪ 

●他にも同じマガジン関連で残弾数が分かりにくいのです;; フォロアーノブがゼロの位置に来てから2発分かな?が銃本体内に残っているので最後に弾が残っているのかいないのか・・・非常に分かり辛いです;;;

●あとコンプレストレバーの形状のせいか、エアーチャージがかなり重く感じます;;; 初めから終わりまで・・・;;

そして最大の難点は・・・・本体の流通数が非常~~~に少ないので、カスタムパーツもほとんど無く、そして入手し辛い;;;;

んん~~~性能自体はよく当るし問題ないのに、この勿体ない感が満載な感じ・・・・;;;;w 痒い所にことごとく手が届かない・・・;;w

★上にも書きましたが、今回のAP200SBに付いているグリップは、僕が削って塗装した物をですのでノーマル状態ではありません;;w

Ap200-09

それにしても・・・木グリやカスタムグリップ、あとマウントベースが発売されないかなぁ・・・・せめて純正グリップのパーツ販売でもしてくれればパテ盛りして前後幅を広くしたりいろいろ試行錯誤できるのになぁ・・・・;;;

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »