« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/12

APS-3 TBSP001用 シューティンググラス

Oak-aps01b

■エアガンで射撃をする際には本来、必ず目の保護の為にシューティンググラスをかけなくてはいけません。 しかし僕は完全に家の中だけでターゲットボックス内の的撃ちだけですので、普段は横着してそのまま撃っておりました;;;(ホントはダメよ;w) しかしAPS-3の射撃練習の時は競技を意識して、一応シューティンググラスを着けるようにしていますw 主にかけているのはOAKLEY RACING JACKETカーボン柄+VR50調光RUBYレンズ(←クリック)か、同じくカーボン柄のFLAK JACKET+TITANIUM CLEARレンズのモノをかけていますね♪ ほとんどRACING JACKETの方なんですが・・・(たま~に日本限定のポリッシュドフレーム+チタニウムクリアのJULIET(←クリック)もかけたりしますが重くて意識がそっちに行って集中が途切れる時があるので;;;) ・・・しかしなんかもうRACING JACKET、JAWBONE、SPLIT JACKETと同じようなシリーズのモデルを一体何個持っているのか・・・・;;;w とにかく毎年花粉症の時期はほとんどコレを着けて外出するので手放せないサングラスなんですよ~;;;w

★そんで、余っているフレームのみのJAWBONEがあったので、TBSP001(←クリック)のグリップと同じ塗装をして、専用シューティンググラスを作ろうかな~とか思って、早速やってみたわけなんです!w

▼結果こんな風に仕上がりましたがどうでしょう?? 自分的にはなかなかカッコイイ感じに仕上がったかな?とw カーボン柄と大差ないとか言わないのっ!w 肉眼で見るとカーボン柄よりはシルバー寄りな感じですかね?;w (ちなみにサングラスの撮影台座は先日のTBアナトミカルグリップ(←クリック)トリガーガード(←クリック)部分に載せて撮影していますw)

Oak-ra01a

▼アイコンとスルーボルトはTBSP001でも随所に配色しているゴールドにしました! これがアクセントになって僕的に好きですね~♪ ジョウ部分はガンメタルです♪

Oak-ra03a

▲スプレーの粒子でザラザラに見えますが、上からウレタンコートを吹いてあるので実際にはツルピカですよ~♪

イヤーソックはブラックでっす!

Oak-ra04a

▼レンズは僕の超~お気に入りの限定JAWBONEに付いていた、VR50調光RUBYレンズです!! これは強いRUBYミラーコートがかかっているのに透過率50%ほどでTITANIUM CLEARとほとんど変らない明るさのレンズなんです♪ 調光レンズなので明るい外で紫外線が当ると暗くなります!!!(ゲットするのにめちゃめちゃ苦労した記憶が・・・;;;w)

Oak-ra02b

▼OAKLEY純正の調光レンズには↓のようなマークが付いています♪

Oak-ra02c

●そして塗料がもったいないのと、OAKLEY純正のTITANIUM CLEARレンズを持っているGASCANもTBSP001のグリップ調に塗装をしましたw

Oak-ga01a

Oak-ga01b

▲おなじみのOAKLEY純正「TITANIUM」レーザー刻印♪

▼このGASCANのみTBロゴマークを付けてみましたよ~!!

Oak-ga02a

▼これもアイコンはゴールドです♪

Oak-ga03a

Oak-ga04a

●そんでもって更にコレも純正TITANIUM CLEARレンズを持っているFLAK JACKETにはガンメタルとシルバーの間くらいの渋いシルバーカラーに塗装してみました!! コレはコレでシンプルで好きですね~♪

Oak-fl01a

Oak-fl01b

▲XLJレンズです~♪

Oak-fl02a

▼アイコンはブラックメタル。 イヤーソックなどのラバー部分はブラックです~!

Oak-fl03a

Oak-fl04a

●コレらをその時の気分で着け替えようと思っています♪ レンズをもっと暗いモノに換えれば普段使いの外出用にも使えるしね~w

Oak-aps00

| | コメント (0)

2019/05/09

APS-3 TBアナトミカルグリップ用 トリガーガード

■前回のTBアナトミカルグリップ(←クリック)の最後に予告しましたが、今回はウォルナット角材から削り出した自作のトリガーガードです~!! TBSP001(←クリック)の時は超簡単に作ったのですが・・・・いやぁ~しかしホントにウォルナットは堅いですね~;;w ある意味アルミよりも堅いかも?です;;(でもスネークウッドとかはもっと堅かったような・・・?)

▼前回の続きで、苦労してゴリゴリ削り続けて大体の形が出来てきましたね?w

Aps3-wtg01

▼下面の半円状に丸い部分はアナトミカルグリップ側が丸いのでそれに合わせて削ってありますw

Aps3-wtg02

▼本体側の半円状の削りこみ。 ↑のはコレに合わせて削ってます・・・めんどくさかった;;w

Aps3-wtg03

▼そこから慎重に削っていってなんとか外形を削り終えました♪

Aps3-wtg04

Aps3-wtg05

Aps3-wtg06

▼あとは中番くらいの布ヤスリをかけた後、アナトミカルグリップ本体と同じ色調に染めて完成です♪

Aps3-wtg07 

Aps3-wtg08

Aps3-wtg09

▼そして完成したトリガーガードをアナトミカルグリップに取り付けまーす!!

Aps3-wtg10

Aps3-wtg11

▼テストにTBSP001に取り付けてみました!! ガタツキも一切無くカッチリ付いてますよ~♪

Aps3-wtg12

Aps3-wtg13

Aps3-wtg14

▲下から見るとレバー操作に干渉しない事が分かりますね♪

●最後にアナトミカルグリップを銃本体に取り付ける際に奥まった位置にドライバーを突っ込んでネジを締め付けるのがなんだかやりづらいので、エボニーの丸棒にΦ4.5の穴を開けた木製スペーサーを作って、長いボルトでネジ止めができるように加工しましたー!!w

Aps3-wge08

Aps3-wge09

●これでTBアナトミカルグリップもトリガーガードも完成しましたが・・・このグリップを着ける銃本体が欲しいなぁ・・・・;;w はてさていつの日か、このグリップを着けたAPS-3 TBSP002の記事をお見せできる日は来るのか・・・・な???w

★さて次回はもう銃自体とは関係ないんだけど、実はトイガン射撃に必須なアイテムについてです! コレをTBSP001用にカスタムしたのでご紹介しますね~♪ おっ楽しみに~!!

| | コメント (0)

2019/05/05

APS-3用 TBアナトミカルグリップ

Aps3-wge00b

■先日のAPS-3 TBSP001(←クリック)の記事の中で書いていた、APS-3用の木製アナトミカルグリップをゲットできました~♪

Aps3-wg00

んで、やっぱ握ると痛い箇所や違和感がある部分が多々あったので・・・・ヘタをすると中古のAPS-3本体が買えてしまいそうなお値段のこのグリップを届いたその日にゴリっゴリに木工ヤスリで削りまくってしまいました~~;;;w

Aps3-wg01

▲まずはココ! 純正ではココはストレートなデザインなんだけど、僕にとっては親指の付け根辺りの骨が当ってかなり痛い;;; なので、まずこの部分に骨がすっぽり収まるように削りました~♪

▼角という角を丸めたり、いろいろと気になる部分を削りまくって荒削り完了~!w

Aps3-wg03

Aps3-wg02

▼そこから更に気になる部分を調整しつつ、荒い番手~中番手まで、布ヤスリで徹底的に削った結果がこんな感じw

Aps3-wg04

Aps3-wg05

Aps3-wg06

Aps3-wg07

▲無加工の状態では痛かったり、窮屈だったり、違和感があったのを納得いくまでじっくりと削り込む事によって、ふんわりと包み込むように・・・例えるなら人と軽く握手したような感触になりました~♪

●削った後は僕の好みの色&風合いに仕上げます♪ あと前回と同じようにグリップ本体とパームレストそれぞれにTBロゴマークを付けて完成です!!

Aps3-wge01a

Aps3-wge02a

Aps3-wge03a

Aps3-wge04a

▲中々に良い感じに仕上がったのではないでしょうか?w

しかしです・・・・・困った事にTBSP001にはやはりあのグリップがベストマッチなので、このグリップを着ける本体が無い;;;;; う~~~ん・・・・やっぱりTBSP002を作ろうかなぁ・・・???;w

●テストでTBSP001に付けて撃ってみると・・・パームレストの手(この部分はなんて言うのかな?手刀??小指球??)に当る部分が真っ平らで、痛くはないんだけどダルく疲れてくる感じ??;; なので更に加工をしました!

▼電動ツールで手が当る部分を抉るようにカーブ状に削ります。

Aps3-wge05

Aps3-wge06

▼あとは滑り止め加工と色味を本体に合わせて完成です~♪

Aps3-wge07

●少しの差なんだけど、手にピッタリハマる感じでかなり良くなりましたよ~♪ この後もグリップ本体を含め、気になる部分が出る度に削っては調整しているので僕の手にピッタリジャストフィットします!!w

★追加工先日のTBSP001のグリップ用にも作成しましたが・・・僕的にトリガーガード下側が無いのは個人的にすご~くイヤなので、アナトミカルグリップ用にもトリガーガードを自作しましたー!! (僕には縁の無い世界ですが・・・本家のエアピストル競技銃もトリガーガードの下側がないモデルがあるのですが、あれはトリガーの調整のしやすさの為なのかな?? コチラでもトリガーガードがしっかりあるモデルが僕的には好きですね~;w STEYRのLP10&EVO10は開いてはいるけど隙間が狭くて手が入る心配が無いのでコレらは良いですねw)

▼前回は簡単に作りましたが、今回はウォルナットの角材から削り出しです!!!

Aps3-wtg00 

かし・・・今回も長くなってしまっているので、続きはまた次回ね!!w お楽しみに~♪

| | コメント (0)

2019/05/02

APS-3 TBSP001 完成画像ギャラリー

■前回のAPS-3 TBSP001(←クリック)の完成画像を各部詳細を含めてお見せしますね~!!

●まずは銃全体の完成画像ですー♪

Tbsp001-02a

Tbsp001-05

Tbsp001-03

Tbsp001-04

▼そして見た目に一番印象が強いであろう?シリンダーのTBマークとマウントベースの文字などw 右側に「APS-3 TBSP001」。 左側には「TSUKASA BULLET CUSTOM」です!

Tbsp001-06

Tbsp001-07

▼シリンダー前面にもバッチリTBマーク!!w

Tbsp001-lg01a

▼次は銃機関部の墨入れなどw 左側は「APS-3」の刻印部にゴールドの墨入れとセフティの「S」刻印にホワイトで墨入れを。 あとはセフティの頭とシリンダー固定六角穴ボルトをゴールドにしています♪ 右側のセフティ頭とボルトも同じようにゴールドにして、セフティ下の刻印の「PUSH FIRE」にもゴールドで墨入れをしてありますw

Tbsp001-08

Tbsp001-09

▼銃の上面にもアップカバーの前にTBロゴマーク♪ 更にコンプレストレバー下面にもw

Tbsp001-10

Tbsp001-11

●そしてそして、APS-3には非常に便利な専用ガンケースが付属しているのですが、コレもTBSP001用に手を加えてみました~!!!

Tbsp001-ca01

▼中はこんな風に銃本体&銃口カバー、予備マガジン、ダットサイト、あと16連マガジンと、ダットサイトの電池と調整六角レンチが収まっています~♪

Tbsp001-ca02a

▼あとマルゼンロゴをシルバーに塗装して、TBロゴマークも付けてありますよw

Tbsp001-ca03a

●前回の銃口カバーの箇所で本革ケースを更に手を加えると書いておりましたが・・・・こんな風に仕上がりましたーー!!w もう何十年と使い込んだSAAのホルスターのような風合いにしましたよw(ちょっとやりすぎ?;w)

Tbsp001-jc01b

Tbsp001-jc01c

●そんで最後にフロントサイトとリアサイトを更に狙いやすいように加工しました!!

▼フロントサイトは丸棒ファイバーではなく板状のファイバーに変えて、リアサイトのブレードとピッタリ面一に狙う形式に変更しました。

Tbsp001-fs02a

▼リアサイトは白いラインだったのを白いプラ版で凸状に接着して、ブレードに透明オレンジのプラ版を入れてフロントサイトをリアサイトブレードを面一に狙うように。

Tbsp001-rs02b

▼狙うとこんな感じになります♪ 僕的には格段に狙いやすくなったような気がします~♪ 今後も良いアイデアが浮かんだら、改良していくと思いますw

Tbsp001-sight2

▼試しに16発マガジンで連続して撃ってみました~;w(コレも一番マシなのね:w) 最初は集中して真ん中を撃ってる感覚があったのですが、どんどん呼吸の制御や腕の震えを押さえるのが難しくなってきて、最後の方はトリガーを引く指の制御も難しくなってきますね;;;w 6発がX丸圏内、8発?が太枠丸圏内、2発が8点圏内・・・・この2発を撃った時はトリガー指がぁ~~;;やってしまった~~;;;って感じでした;;; 鍛錬あるのみですね;;;w

Tbsp001-ta03

★いやはや今回のAPS-3のTBカスタム・TBSP001は一応はコレで完成終了です~♪ ・・・とか言いつつ実は例のブツをゲットできたので、まだAPS-3関連のカスタムが続きます・・・;;w ではでは次回もお楽しみに~♪

| | コメント (0)

2019/05/01

令和~

■れいわぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!w

改元ましておめでとさんでっす!w

●全く関係ないんだけど・・・ウチの近所の道路の信号機で何故か一箇所だけものすんごい薄っぺらいのがあって・・・その通りは他もLEDにはなってるけど2~3倍厚い信号機なので、何故ココだけ???と気になっています;w

Img_3007s

Img_3006s

それから気をつけて見てるとなんか今現在、東大阪では3~4種類の信号機があるようですね?? しかし上の薄っぺらいのは何の法則性も無く、いきなりぽつんと通りの一箇所だけ交換されてるみたいです??? 誰か理由とか法則性とかご存知の方いますか?w

★前回ご紹介したTBSP001(←クリック)の完成画像ギャラリー回は明日更新予定です!!w

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »