« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017/09/17

留ブラPRO TBカスタム Vol.7

■今回は結構な悩みどころなカスタムです・・・・というのも、ブルドックフレームをしっかりと再現しているブラスターで僕の知っている限りではどれもコレを再現していないんですよ;;; 僕なんかよりもブラスター研究ですんごいマイスター達がやっていないのです;;; やっぱり違うんじゃあ??と思いつつ・・・・でもやっぱりこうなってるよねぇ??? と、いった感じで、思い切ってやる事にしました~;;w なので今回のカスタムは単に僕が間違っているだけなのか? 僕だけがやっている大金星なのか?? 実はヒーローブラスターが2丁あるのか!?w という感じのカスタムになります~;;w(ヒィィ~怖いよぅ;;w ケンカ売ってるわけじゃないからね;;;w)

▼まずはこの画像を見てください。 ヒーローブラスターのワーコンで公開された時の画像で、ブルドックのメインフレームとグリップフレームを連結するネジの左側がマイナスネジ頭と思われる画像です。 これを見て全てのブラスター再現モデルがマイナスネジになったと思われます。(実際そうとしか見えないよね;w

Pro_tb_07a

▼ご覧のとおり留ブラPROでもやはりこうなっております。 最新モデルの留ブラ2049もそうだし、僕はまだ持ってませんが高木型爆砕拳銃でも画像で見るとこうなっているようですね・・・??(爆砕拳銃ずっと探していますが全く手に入りません;;どっかに無いですか~??)

Pro_tb_07b

そして実銃のブルドックでも左側がマイナス頭の写真画像しか僕は持ってません;;w じゃあやっぱりそうなんじゃない?と思うのですが・・・・実は実銃のブルドックのパーツリストを見ると・・・・

▼こうなってますw(初期型なのかな??) つまり以前のカスタムVol.4で僕がやったハンマーピンと同じで右側はマイナス頭で、左側がネジ溝の付いたネジのお尻?になっているんですね。

Pro_tb_07c

でも、最初のワーコン画像で見るとおりマイナス頭ネジなんじゃあ?と、僕もずっとそう思っておりました。 そんな中、最初に僕が感じた違和感は「あれ?留ブラPROワーコン画像左側よりマイナス頭がなんか大きすぎない??」でした;;w そこから注意して見るようになったんですね。

前置きがずいぶんと長くなってしまいましたが・・・・

▼ジャジャーーン!!コレがグリップをはずしたヒーローブラスターの画像です!! ハイ!左側はネジのお尻になっております!!!

Pro_tb_07d_2

そんな訳でココもハンマーピンと同じように左側をネジのお尻のピン状にカスタムする事にしました~!!

そこで悩むのが、ではあのワーコン画像は何なんだ?? まさかヒーローブラスターは2丁あるのか!?などなど・・・・ いろいろと悩んだ結果、あのマイナス頭に見える筋は琥珀グリップの裏側に付いた傷かオイルなどの汚れによるものではないのか???と考察した訳です。(下の画像を見てその考えを強くしました。)

▼この画像で見える、多分グリップ裏側にあるであろう、傷?汚れ?がワーコン画像でマイナス頭の溝に見えたのではないか???と勝手に推察しております;;w

Pro_tb_07e

・・・もしくは各社ブラスター再現モデルはプラスチックフレームの強度の問題から分かっていながらあえてマイナスネジにしたのか?? でもそれじゃあハンマーピンとの整合性がとれないからおかしいよね?・・・やっぱ上のワーコン画像でマイナスネジ頭と思ったとしか・・・・う~~ん;;気づいてないはずは無いんだけどなぁ・・・???

▼そんな訳でやっとこさ本題の加工でっす! フレームにはマイナスネジ頭を受ける為に段差が付いているので一度、金属パテで埋めてから、M4タップでネジ切りをしました。

Pro_tb_07f

▼そしてこんな感じに仕上がりました~♪

Pro_tb_07g

▼グリップを重ねるとこんな感じに見えます~♪(コレはカスタムのアクリルグリップではなく、磨き上げた純正のレジングリップです。 なので色が濃い;w)

Pro_tb_07h

以上、ホントのところはどうなのか??僕にはよく分かりませんが、もしも正解ならば現状、僕のブラスターは数少ないヒーロープロップに近いブラスターになるのではないでしょうか??w なーんてね~;;w

ではでは、また次回~w

| | コメント (6)

2017/09/13

留ブラPRO TBカスタム Vol.6

■最初に言っておくと、今回は特にやらなくてもいい部分のカスタムです;;;w というのもほとんど見えない箇所なんです・・・;;w

▼最初はライトカバーのフロント部分にある穴で、実物のヒーロープロップでは穴が開いているように見えます。 留ブラPROでは若干の凹みでのみ再現されています。

Pro_tb_06a

▼ココをドリルで4~5mmほど掘ります。

Pro_tb_06b

▼完全に自己満足ですね~;;;w

Pro_tb_06c

▼そしてもう一箇所、ブルドックのグリップフレームにある穴で、留ブラPROでは全く再現されていません;; ココにも穴を開けます。 理由は「実物ヒーロープロップがそうなっているから」です;;w

Pro_tb_06d

Pro_tb_06f

▲しかしこの穴はグリップが重なるとチェッカーで全く見えません;;;;w ココも完全に自己満足ですね;;;w なのでこの加工をわざわざする人は相当ブラスター病を患っている人でしょう・・・;;;w

★さてさて次回はブラスター再現モデルのどれもがやっていない事なので、どうなんだろう??と自分でもちょっと自信が無いカスタムです;;w はたして単なる世迷言か?それとも大金星なのか!? お楽しみに~w

| | コメント (0)

2017/09/09

留ブラPRO TBカスタム Vol.5

■家族の一大事で時間単位で病院と家を行き来する日々でとても仕事に集中できそうに無いので、無理を言って納期を大幅に先延ばしにしていただいている状況です・・・。 でも、家にいる間はやはり不安になったり悪い想像ばかり頭をよぎったりしてしまうもので、何も考えなくていいようにYouTubeで怪談を聞いたり、2BROさんのゲーム実況を見たりしながら、ブラスターのカスタムなどをどんどん進めてしまって・・・・;;;w

そんな訳で今回はライトカバーノブ(ビンディングノブ)です。 ココは留ブラPRO(初代)でも1、2を争う酷い造形再現の部分と個人的に思っている箇所です;;;

Pro_tb_05a

留ブラPRO(初代)のライトカバーノブです。 全体に小さく、滑り止めのセレーション部分含む頭の部分もなんだか変;; 実物ヒーロープロップワーコン.Ver以降では、ライトカバーノブはセレーションの後ろに削ったような?筋のような痕があります。 この部分が金色でセレーション部分の擦れた箇所がシルバーである事から、ノブ自体の材質は真鍮でシルバーのメッキがかけてあり、その上からツヤのある黒で塗装してあると考えられます。 そしてこの削ったような跡は非常に浅いものなのですが・・・・画像でも分かるように留ブラPROではガッツリと深く、なんだ?これ??状態ですね;;;(留ブラではすぐに改修パーツやリテイラーエディションでは改良されましたが・・・それでもちょっと・・・・;;;;)

▼そんな訳で、形状的に僕が気に入っているZOSPECさんのカスタムパーツのライトカバーノブを付ける事にしました~♪

Pro_tb_05b

▼しかし、このライトカバーノブHWSのブラスター用に作られた物なので、取り付け部分がM3ネジになっています。 このままでは留ブラPROライトカバーには付かないので、M4タップでネジ溝を切り、そこへM3-M4変換アダプターをねじ込んで、ZOSPECノブが入るように加工しました。

Pro_tb_05c

▼装着した状態。 すんごく良い感じになりましたね~♪ ちなみに僕が目指すのは劇中のヒーロープロップ所謂1981.Verですので、ライトカバーノブの金色の削り痕は再現しません。

Pro_tb_05d2

●あとライトカバーつながりで、マイナスネジZOSPECさんのスチール製の物に交換しました。 

▼しかし、これは取り付けネジがインチネジで長さも短い為、ちょっとやそっとでは留ブラPROライトカバーに付ける事はできません。 一度穴部分を金属パテで埋めて、ネジ穴を切って何とか取り付けました;w

Pro_tb_05e2

▼・・・しかし、投げ捨てプロップマイナスネジ部分の横からの画像を見ると、ネジの頭部分の厚みが半分ほどの薄さなので、もしもこの先に良いパーツが見つかったら換えようと思っております。 なのでこのマイナスネジは暫定といった感じですね~;w

Pro_tb_05f

ではでは次回をお楽しみに~

| | コメント (0)

2017/09/03

「三国志バトル」にて「夏侯月姫」配信開始!!

■先日の9月1日に「三国志バトル」にて僕が描いた「夏侯月姫」が配信開始されましたので、ご紹介させていただきますね~♪

「夏侯月姫」

38

▲魏の名家の夏候家の令嬢で、花を摘んでいるところを蜀の張飛に見初められ、強引にさらわれ求婚されたそうです。(完全に犯罪だよね;;w) その後、張飛の一本気に惹かれ正妻となりました。

(以前にご紹介した、敬哀皇后(←クリック)の母親で、その若い頃といった感じですねw コチラの方がオリジナル的な感じでキャラが濃い?強い?感じのイメージで描いてみました~w)

●このゲームをプレイするには・・・↓コチラのサイトをご覧ください!

★大戦乱!!三国志バトル
URL:
http://gloops.com/game/sangokushi/

| | コメント (4)

« 2017年8月 | トップページ