« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/20

ルガーP08 グリップ編

P08_g01

■いつか手を入れようとず~~っと放置していたというか埋もれていたタナカのP08用カスタムパーツがヌルっと出てきてちょっと火が付いたので、まずは結構難関のグリップに手を入れてみようとイジってみました!(今回の画像は全てノーマルのタナカ製ルガーP08HWです。カスタムパーツは現在いつもお世話になっているあのお方の所へ出張中!w)

タナカ純正P08用の木グリップなんだけど付けてみるとなんだか痛い・・・;;; あれ??何で???と、よく見てみると・・・・前と後ろの部分が絶壁状態になってる;;;; こんなだっけ??と実銃の画像を見ると・・・実銃のグリップは綺麗にカーブして最後までチェッカーが入っていますね;;;orz

P08_g07

▲この画像はマルシンモデルガン用の木グリなのでアレなんですが、僕が持ってたタナカ用のはもっと絶壁酷かったです;;;;

これでは本体の方をがんばってもグリップで台無しになってしまうので、この部分と雰囲気ゼロの色合い&風合いをなんとかしようとがんばってみました~!!

P08_g08

▲僕が持ってるタナカ純正のP08用木グリップの元の色はこんな感じです~;; で、絶壁になってる前と後ろを丸く削って、握った時に全く痛みを感じないようにしましたです!

▼そんでチェッカリングツールでグリグリ削った後、色を染めたり擦ったりワックス塗ったり、いろいろとやった結果がこんな感じ~♪

P08_g03

P08_g04

▲あとグリップスクリュー周りもテーパーに削ってありますw

P08_g05

▲後ろの絶壁部分はこんな感じに仕上がりました~♪

P08_g02

▲どうでしょう?? 僕が持ってる画像の実銃に付いてるグリップの色合い&風合いにかなり近い感じだとは思うのですが・・・w 実物はもっとチェッカーが細かいのですが、そこまではまぁ目を瞑ろうかと・・・;; (実銃グリップを付ける事も考えたのですが・・・すんごい高価な上に、噂ではタナカには付かないそうで、歴史的価値のある希少な物を削るのも忍びないので今回は・・・;;;)

P08_g06

▲元との色の比較。元の方もライターで炙って焼き目をつけています;;w 結構別物に仕上がってるでしょう??w

こんな感じでグリップは完了なので、次はホルスターかなぁ??? 普通の革ホルスターをグリップ同様エイジングをしてすんごい古い物に見えるようにするか・・・でも憧れとしてCAWのストックホルスターのハーフカバーが欲しいんだよなぁ・・・・CAWさん再販しないかなぁ・・・・めっさ高価だけど;;; あとタナカやマルシンでは取り付けレバーが回りきらないとか???;;; う~~~~~ん・・・・どうしよう・・・・???

| | コメント (6)

2015/05/05

「三国志バトル」新キャラ「趙娥」配信開始~!!

■先日の5月1日に「三国志バトル」にて僕の描いた2キャラが配信開始されて、前回は「蔡文姫」(←クリック)をご紹介しましたが今回はもう1人の「趙娥」をご紹介しますね~♪

「趙娥」

22

▲彼女の父・趙安李寿に殺されて、息子達は復讐を果たそうとするも次々と死んでいき、一人残った趙娥は自分で名剣を買い、自らの手で復讐を遂げようと夜な夜な剣を研いでいたそうです;; そんな彼女を周囲の人達は馬鹿にしましたが、白昼に李寿と遭遇した際に見事この剣で李寿を討ち取り、復讐を遂げたのでした。

(依頼では研ぎ上がった剣を見て復讐を誓っている様子という事で、剣を研いだ直後の仕上がりを確認している様子を描いてみました~♪ しかし夜な夜な剣を研ぐって・・・日本じゃあ、まるっきり鬼婆伝説だよね;;w(怖っ!) そんで「ナマクラしか買うお金が無くて夜な夜な研いで復讐に備えていた」だったら分かるんだけど、名剣を買ったんなら夜な夜な研ぐ必要は無いんじゃね??などと無粋なツッコミを頭の中で入れつつ描きました~;;w 多分趙娥さんのテンション上げ術だったんでしょうね~;;w でもそんなに研いでたら研ぎ減りしちゃうぞっw 趙娥さん♪)

●このゲームをプレイするには・・・↓コチラのサイトをご覧ください!

★大戦乱!!三国志バトル
URL:
http://gloops.com/game/sangokushi/

| | コメント (4)

2015/05/02

「三国志バトル」新キャラ「蔡文姫」配信開始~!!

■昨日の5月1日に「三国志バトル」にて僕の描いた2キャラが配信開始されました~!! 今回はその内の1キャラ「蔡文姫」をご紹介~♪

「蔡文姫」

21

▲彼女は非常に博学で弁術が巧みな美女だそうで、父の書を暗記で復元するほどの才女だそうです。 (依頼では弁術で打ち負かすツンとした雰囲気でとの事でしたので、男の学者達が束になっても理詰めで全員を論破するような気の強い感じと、声を張る度にプルプルと弾むオパーイをイメージして描いてみました~w 言い負かされた男達は悔しいやら嬉しいやらですね;;w)

●このゲームをプレイするには・・・↓コチラのサイトをご覧ください!

★大戦乱!!三国志バトル
URL:
http://gloops.com/game/sangokushi/

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »