2015/05/20

ルガーP08 グリップ編

P08_g01

■いつか手を入れようとず~~っと放置していたというか埋もれていたタナカのP08用カスタムパーツがヌルっと出てきてちょっと火が付いたので、まずは結構難関のグリップに手を入れてみようとイジってみました!(今回の画像は全てノーマルのタナカ製ルガーP08HWです。カスタムパーツは現在いつもお世話になっているあのお方の所へ出張中!w)

タナカ純正P08用の木グリップなんだけど付けてみるとなんだか痛い・・・;;; あれ??何で???と、よく見てみると・・・・前と後ろの部分が絶壁状態になってる;;;; こんなだっけ??と実銃の画像を見ると・・・実銃のグリップは綺麗にカーブして最後までチェッカーが入っていますね;;;orz

P08_g07

▲この画像はマルシンモデルガン用の木グリなのでアレなんですが、僕が持ってたタナカ用のはもっと絶壁酷かったです;;;;

これでは本体の方をがんばってもグリップで台無しになってしまうので、この部分と雰囲気ゼロの色合い&風合いをなんとかしようとがんばってみました~!!

P08_g08

▲僕が持ってるタナカ純正のP08用木グリップの元の色はこんな感じです~;; で、絶壁になってる前と後ろを丸く削って、握った時に全く痛みを感じないようにしましたです!

▼そんでチェッカリングツールでグリグリ削った後、色を染めたり擦ったりワックス塗ったり、いろいろとやった結果がこんな感じ~♪

P08_g03

P08_g04

▲あとグリップスクリュー周りもテーパーに削ってありますw

P08_g05

▲後ろの絶壁部分はこんな感じに仕上がりました~♪

P08_g02

▲どうでしょう?? 僕が持ってる画像の実銃に付いてるグリップの色合い&風合いにかなり近い感じだとは思うのですが・・・w 実物はもっとチェッカーが細かいのですが、そこまではまぁ目を瞑ろうかと・・・;; (実銃グリップを付ける事も考えたのですが・・・すんごい高価な上に、噂ではタナカには付かないそうで、歴史的価値のある希少な物を削るのも忍びないので今回は・・・;;;)

P08_g06

▲元との色の比較。元の方もライターで炙って焼き目をつけています;;w 結構別物に仕上がってるでしょう??w

こんな感じでグリップは完了なので、次はホルスターかなぁ??? 普通の革ホルスターをグリップ同様エイジングをしてすんごい古い物に見えるようにするか・・・でも憧れとしてCAWのストックホルスターのハーフカバーが欲しいんだよなぁ・・・・CAWさん再販しないかなぁ・・・・めっさ高価だけど;;; あとタナカやマルシンでは取り付けレバーが回りきらないとか???;;; う~~~~~ん・・・・どうしよう・・・・???

| | コメント (4)

2015/05/05

「三国志バトル」新キャラ「趙娥」配信開始~!!

■先日の5月1日に「三国志バトル」にて僕の描いた2キャラが配信開始されて、前回は「蔡文姫」(←クリック)をご紹介しましたが今回はもう1人の「趙娥」をご紹介しますね~♪

「趙娥」

22

▲彼女の父・趙安李寿に殺されて、息子達は復讐を果たそうとするも次々と死んでいき、一人残った趙娥は自分で名剣を買い、自らの手で復讐を遂げようと夜な夜な剣を研いでいたそうです;; そんな彼女を周囲の人達は馬鹿にしましたが、白昼に李寿と遭遇した際に見事この剣で李寿を討ち取り、復讐を遂げたのでした。

(依頼では研ぎ上がった剣を見て復讐を誓っている様子という事で、剣を研いだ直後の仕上がりを確認している様子を描いてみました~♪ しかし夜な夜な剣を研ぐって・・・日本じゃあ、まるっきり鬼婆伝説だよね;;w(怖っ!) そんで「ナマクラしか買うお金が無くて夜な夜な研いで復讐に備えていた」だったら分かるんだけど、名剣を買ったんなら夜な夜な研ぐ必要は無いんじゃね??などと無粋なツッコミを頭の中で入れつつ描きました~;;w 多分趙娥さんのテンション上げ術だったんでしょうね~;;w でもそんなに研いでたら研ぎ減りしちゃうぞっw 趙娥さん♪)

●このゲームをプレイするには・・・↓コチラのサイトをご覧ください!

★大戦乱!!三国志バトル
URL:
http://gloops.com/game/sangokushi/

| | コメント (4)

2015/05/02

「三国志バトル」新キャラ「蔡文姫」配信開始~!!

■昨日の5月1日に「三国志バトル」にて僕の描いた2キャラが配信開始されました~!! 今回はその内の1キャラ「蔡文姫」をご紹介~♪

「蔡文姫」

21

▲彼女は非常に博学で弁術が巧みな美女だそうで、父の書を暗記で復元するほどの才女だそうです。 (依頼では弁術で打ち負かすツンとした雰囲気でとの事でしたので、男の学者達が束になっても理詰めで全員を論破するような気の強い感じと、声を張る度にプルプルと弾むオパーイをイメージして描いてみました~w 言い負かされた男達は悔しいやら嬉しいやらですね;;w)

●このゲームをプレイするには・・・↓コチラのサイトをご覧ください!

★大戦乱!!三国志バトル
URL:
http://gloops.com/game/sangokushi/

| | コメント (2)

2015/04/21

SOG SEAL PUP

■大分前に米海軍特殊部隊・NAVY SEALSに制式採用されていたオンタリオのMk3 Mod0(←クリック)をご紹介した時に最近?のSEALSなどの写真画像でよく装備しているのを見かけるSOG SEAL PUPというナイフの事をちらっと書きましたが、今回はそのSEAL PUPをご紹介~!!

Sealpup_01

Sealpup_02

SOG SEAL PUPは結構なバリエーション?があって、まず日本製の物だけでも数種、その後、台湾製になってからもいくつかのバリエーションがあると思います?多分?? 僕が装備品のSEAL PUPの写真画像で一番よく見かけたのが日本製の初期型だったので、この初期型が欲しいと思っておりました。 それがこの画像の物です。 初期型の特徴としてカイデックスシースの形状とブレードのロゴマークとセレーションエッジが細かく短い等の特徴があります。 あとはハンドルの前部分に滑り止めが無い等でしょうか?(他にもあるのかな??)

Sealpup_03

Sealpup_04

▲次に同じく日本製だけど現行型(台湾製)とよく似た形の中期型(仮)の物がこれです。 台湾製と大きく違うのは鋼材と、刻印が台湾製はプリントだけど日本製はしっかりと打刻です♪ なお初期型以降はカイデックスシースに一部切り欠きがあって、ナイフを抜かなくてもこの切り欠き部分に当ててパラコードなどの細めのロープ等を切断出来ます。

Sealpup_05

▲刻印の比較。 下が初期型で四角にSOGのロゴマーク。 セレーションが小さく短いですね。

Sealpup_07

▲ブレードの裏側はどちらも「SEKI-JAPAN」と打刻してあります。

SEAL PUPは刃長12.5cmほどでタクティカルナイフとしては小さ目で、攻撃よりも雑用をメインに装備しているのだと僕は思っています(もちろん攻撃もできますが)。 以前のMk3 Mod0よりも小さく、いろんな雑用に使いやすい大きさだと思います~♪ HRC硬度もそこそこ高いようで、そうそう刃が鈍ったりはしない感じですね。 Mk3 Mod0とは使用目的が正反対だと思いませんか?w 僕個人の意見としては大きく扱いにくいナイフよりも使用頻度の高い小型のナイフの方が装備品として良いと思います。 ナイフ攻撃が得意でそちらの使用頻度の高い隊員は個人でお気に入りの高性能ナイフを装備するでしょうしね~。

| | コメント (5)

2015/04/11

世界一ウイスキー!

Dscf0136s

■最近ウイスキーを毎日飲みまくって自分でもちょっとヤバイんじゃないかと思ってるのですが・・・・;;;w 先日のウイスキー&TBグラス(←クリック)でもチラっと書きました、ワールド・ウイスキー・アワードで2年連続、2012年も入れると3回目のブレンデッドモルト部門・世界最高賞に選ばれたニッカ「竹鶴17年」をゲットできました~♪(その前も「竹鶴21年」が選ばれていたので“竹鶴”では7回目?)

先日も書いたようにドラマ「マッサン」WWAで世界一に選ばれた事で、 超品薄&高騰しているようで、僕が見た時にはとんでもない価格でネット販売しているところもあって、これはとても買えないなと諦めていたのですが・・・・先日ちょっと見てみると一番酷い時の10分の1、それ以外のよく見る価格の3分の1、つまりドラマなどでニッカウイスキー全体が品薄&高騰する前の適正価格で売っていたので即ゲットしたのでした!! 次の日にはこの価格も3倍以上の価格も全て売り切れていたので超ラッキーでしたね~♪

飲んでみた感想は・・・確かにすんごく美味いです!!! 先日の記事の最後でゲットしてすごく美味しいと書いていた物よりも雑味がなく、本当に美味しいウイスキーだなと感心しました♪ (値段と手に入りやすさを考えると僕的にはあちらの方を今後も買うような気がしますが;;w)

それにしてもこんなに美味しいウイスキーが安くすぐに手に入るなんて(ドラマなどの影響がなければだけど;;;)、ニッカのマッサンは本当に素晴らしい理想の日本ウイスキーを残したんですね~♪

僕的にはアル中にならないかちょっと心配です;;;;(今日も飲んじゃいそう;;;)

| | コメント (2)

2015/04/05

150万HIT記念!!??

■なんかねー・・・100万HITの時も何もしなかったような気がするんだけど・・・・どうだっけ??? なので、せめて150万の時は何かやろうと思いつつ、気がつくともう1万も超えちゃってるのね・・・;;;orz

150

▲そんな訳でがんばったよーー!!! 357マグナム8連発のS&W M327みたいなオリジナル・リボルバーです~♪ デカいサイズで足先まで入ったのはまた年末のカレンダーに入れる予定なので、そっちもよろしくね~♪

そんな感じでいつも僕のブログを見に来てくれる方々、本っっっ当ぉぉぉぉ~~に、ありがとうございますーーー!!! これからもどうぞよろしくお願いしますね~~♪

| | コメント (2)

2015/04/02

久しぶりのウイスキー♪&TBグラス

Dscf0087

■先日ちょっとしたきっかけでJAZZを聞いていて、無性にウイスキーを飲みたくなったので前から一度飲んでみたいと思っていたモノを注文しようと思ったら・・・どこもかしこも全滅状態;;;; 何で!!??と思ったら、どうやらドラマの影響だとか???;;; 日本のTVドラマをほとんど見ないので全然知らなかったのですが、家族に聞いてみるとウイスキーを知らない人でも飲みたくなるくらいその「マッサン」なるドラマは面白かったそうです?? へぇぇ~~~それで品薄&高騰かと感心していると、タイムリーにそのモデルになったメーカーのウイスキーが2年連続世界一に選ばれたとかニュースでやっていて・・・・僕が飲んでみたいと思っていたのはその銘柄ではなかったのですが、仕方がないので世界一銘柄のノンエイジだったら安く買えるみたいなので注文してみました~♪

Dscf0089

▲以前に試しで作ってみたTBロゴ入りのロックグラスを引っぱり出してきました~♪

で、飲んでみた感想は・・・後味とか食道から胃にかけて熱くなる感触も優しくて非常に美味しいと思うのですが、口に含んだ時のコクとかまろやかさがなんとなく足りないというか・・・・と思って考えてみると、僕はいままで12年以上の物ばかり飲んでいたので、ノンエイジなんだからそう感じるのも当然かもしれませんね;;w そうなると世界一の17年か21年を飲んでみたい気もするのですが・・・これらも品薄&高騰で超高い;;;;orz とても買えそうにありません・・・;;;

やっぱり今、全滅状態の前から飲みたいと思っていた物が入荷するのを気長に待つことにします~;w ・・・・・とか言ってる内に手に入りました~~!!w まだ試飲程度だけど、上の世界一ノンエイジよりも全然美味しいです!!! 何だろう??口に含むと同時に広がるコクとまろやかさとガツンとくる感じと・・・それから心地よく残る後味と食道から胃がカ~と熱くなる感じ・・・♪ 美味しいぃぃぃ~~~~~!!(←すっかり飲んだくれ;;w ここんとこ毎日酔いどれてますw)

| | コメント (0)

2015/03/29

スクリムショウ1911グリップ

■また僕的にかなり懐かしい物が出てきました~! もう15年近く前にスクリムショウをやってみたくなって、1911用のスタッグ(鹿角)グリップに彫刻刀でやってみたのでした;;w

1911_01b

▲本来ならアイボリー(象牙)にキリ状の工具のオシリをコンコンと叩いて点描画を打っていき、そこにインクなどを入れるタトゥーに近い感じの技法なのですが・・・・アイボリーは希少な上にすんごく高い;; 今ではスタッググリップも希少になってかなり高価ですが、当時はまだなんとか入手できる物でした。 そしてあくまで試しという事で手元にあった彫刻刀の尖った部分でやってみたのがこのグリップです~!!

1911_02

▲悪魔女のヌード絵で角と尻尾がありますが、スタッグ地の白い部分を残したかったので、背中の蝙蝠羽根は省略しました;;w 先にも書いたように本来はアイボリーにするもので、スタッグはアイボリーと比べると表面がかなり硬いので非常に苦労した記憶があります;;w そして彫刻刀の尖った部分なのでオシリをコンコンではなく、手の力でグリグリとやっていったのでした;;;; 要するにスクリムショウとは言い難いものですね;;;;w

1911_03

▲もっと古っぽいというかブルーイングとかニッケルシルバーのガバの方が似合いそうですが・・・・コレ以外のガバはみんな新居の方に持っていったので仕方なくこのWILSONで;w

| | コメント (0)

2015/03/26

なめ猫~

■すぐ隣に引越作業を初めてもう2年近くになってしまっています・・・・;;;; 丸1年以上は何もせずにお仕事に追われる生活をしていますが、問題なのは2軒分の家賃です;;;;; このままでは蓄えが底をついてしまうのでなんとか前に進まないとと、目の前の物の山に呆然としつつもほんの少しづつ手を入れているのですが・・・なんとなく出てきた物が・・・・・

Dscf0092

Dscf0096

▲な、なめ猫!!?? 懐かし~~~~~;;;w あまりにも懐かしかったので、おもわずご紹介~;;w このなめ猫は僕が小学生の頃に超大ブームで、同年代の子はみんな持ってたんじゃないのかな???(そんなことない??;w)

この他にも免許証みたいなのも持ってたと記憶してるんだけど、どこにあるんだろうか??w

| | コメント (4)

2015/03/20

WILSON 1911 GRIP KNIFE

■ネタが無いので、ここ最近ア○ゾン箱の解体等に使っているお気に入りのナイフで、1911オートのグリップをハンドルとして使うナイフのご紹介~♪(入手したのは何年も前です)

Wilson_01

▲このナイフは実銃メーカーのWILSON COMBATのナイフ部門WILSON TACTICALから販売されたナイフで、MODEL 11 1911 BOWIE KNIFE”です。 純正ではWILSON COMBAT1911と同じ、WILSONメダリオンが入った木グリップが付いていましたが、数年前からこの写真の10-8のG10グリップに付け替えています~♪

Wilson_02

▲大きさは大き過ぎず、小さ過ぎず、鋼材はD2で切れ味は非常に良好です♪ 表面コートはWILSONの実銃の1911に使われているグレー系のもので、この10-8のグリップのOD系色と合わせると非常にカッコイイと僕は思っております~w

Wilson_03

▲シースはサファリランドのカイッデクスホルスターと非常に似た作り&デザインで、カイデックスの内側にはスエード革の内貼りがしてあって、抜き差しはかなりキツ目ですね~;; ブレードに下地が出てる部分があるのもこのキツいシースの抜き差しの影響です;; この後の物なのか?もっと一般的な感じのカイデックスシース付の物もあるみたいなので、これは不評だったのかもしれませんね~??w 僕的にはこのシースのヌルンチョと抜ける感じが気に入ってますが・・・;w

他にも1911グリップをハンドルに使うナイフを持っておりますので、機会があったらまたご紹介しますね~

| | コメント (0)

«気が狂いそう;;;